2007年12月16日 (日)

ある自衛官の日記

感動したので紹介したいと思います。

私は日韓翻訳チャットに一時はまっていたことがありまして、そこには現役だったり退役だったりの日本人自衛官の方が何人かおられました。

日韓チャットってのは不思議な所で、韓国人と話すために始めたものの、親しく話せる韓国人ってのはほとんどおらず、個性豊かな日本人と話すのが楽しみになってくるというものでした。
紹介する人もチャット上では楽しくやっていたのですが、最近は楽しいだけではない尊敬に価する日記を多く読ませてもらうようになりました。
年齢は私より一回り以上お若いのですが、若い方から素晴らしい刺激を受けるのは人生の喜びでしょう。
一人でも多くの人に読んでもらいたくて紹介します。
今年初めの新潟中越地震の災害派遣の時のお話です。
被災者のお祖母さんとHN「枠」さんのふれあいを読んでいただきたく思います。

そのお婆ちゃんは救護所のパイプ椅子にちょこんと正座して座っていた。

枠:お婆ちゃん横になって休んだら?
婆:・・・・・
枠:どうかしたの?
婆:あのな・・・

お婆ちゃんから声が出てこない

枠:心配せんでええよ、何か不便があったら言うてやね
婆:ご不浄・・・に行きたいんやが

お婆ちゃんの声はやっと聞き取れるくらい小さかった。


お婆ちゃんを背負ってトイレに連れて行く



元の場所にお婆ちゃんを座らせる、

枠:また行きたくなったら誰でも良いから声かけるんよ。

婆:あんたら兵隊さんやろ? 怖いが・・・

枠:怖かった?

婆:いんや・・

枠:手ぇ振ってくれたら来るけんね。


お婆ちゃんから離れる、

数歩歩いたところで同僚が目配せして指を指す、

振り返ると、お婆ちゃんが・・


私の背中に向かって手を合わせていた。
たったこれだけのことで・・。


熱いものが目から溢れそうになった。






そして、今のわたしがいる。

日本には自衛隊の存在自体に疑義を唱える方もたくさんいます。
社民党の副党首なんぞは当時の村山総理の怠慢を棚に上げて自衛隊の批判なんぞやらかしてくれたりします。
貴様が総理大臣だったら非武装中立でアメリカにも頼らずに中共北朝鮮の軍事的脅威に対応できるとでも言うつもりか?
日本がチベットのごとく民俗浄化の対象になっても構わないとでも思っているのか?

現実的思考ができない政治家の事は置いておいて、このような自衛官の姿は特別なことではなく、災害派遣時にはごく普通の事なのだと思ってます。
非常時に国民をこのように守ってくれる自衛官のみなさま一人一人に、国民として感謝せねばならないと思うのです。
吉田茂からすると、軍人が尊敬されない時代の方が幸せなのかもしれませんが

何かを感じたらクリックお願いします→Banner2_7

http://strategy.co.jp/
保守系SNS『国民の総意』

新しい風を求めてNET連合 

の白紙撤回を求める署名にご協力をお願いします。

| | コメント (4)

2007年8月 5日 (日)

参院選が終わって

本業で忙しくついつい更新しないまま時間が経ちました。
楽しみにしてくれていた方(いるのかな?)申し訳ありません。

先日の参院選で私は維新政党・新風を応援しておりました。
しかし結果は信じられない惨敗。

得票数は12万票から17万票に伸びているというものの、新風連主宰の「極右評論」瀬戸弘幸先生を比例順位一位にしての結果です。
個人的には100万票に届くかという期待をしていました。
選挙の結果が出てから色々と考えました。
ネットが政治に容喙するのはまだ時代が早いのではないか?
やはり既存の新聞、テレビの前にはブログは無力なのか。

ネットで政治の情報を見る人にとっては「自治労」という言葉は常識だったと思います。
約100万人が所属する社会保険庁最大の労組。
参院選の最大の争点だった年金問題の実行犯。

社会保険庁と自治労が交わした覚え書きを見たときは愕然としました。
私もこんな甘い職場で働いてみたいものだと思ったのは小声です。

http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/190143/

こんなぬるま湯で働いていたらそれは無責任にもなろうってものです。
許してしまう社保庁もなんだかなあとは思いますが、どう考えたって自治労は度が過ぎる権利の主張をしていたと私には思えます。

自治労=実行犯
社保庁=監督責任

という自分の定義は多くの人に支持いただけるのではないでしょうか?
そして、自治労を全力でバックアップしていたのが民主党であること。
中央執行委員だった相原久美子氏が民主党の比例区で立候補していたこと。
そのことを知らされていた有権者はどのくらいいたのでしょうか?

選挙の結果は以下の通りです。
http://news.goo.ne.jp/feature/elex/candidate/minshu/

国民が自治労のことを理解していればこんな投票結果になったとは思えません。
民主党側の失策は最大限報道されないように配慮されていたのです。

今回の選挙で、自民党の失態は重箱の隅をつつくような形でさんざんとりあげられました。
松岡大臣、赤城大臣、小池大臣の事務所費用問題。
柳沢大臣、久間大臣、麻生大臣の失言。

政治資金の問題なら小沢一郎の25億円の問題の方が四桁も五桁も金額が大きいのですがなぜ新聞テレビはだんまりなのか?
http://itnews.blog17.fc2.com/blog-entry-1659.html
失言問題なら、詐欺を推奨する横峯良郎氏の発言の方がよほどタチが悪いと思うのですがなぜこれは取り上げられないのか?
http://www11.ocn.ne.jp/~jcpkochi/minpo/topic/2007/070721yokomine.htm

つまり今回の選挙はマスコミの取捨選択された情報によって結果を求められたわけです。
政治的な意図によって報道がねじ曲げられるのなら、そういう悪意の入ってこない場所で情報を発信するしかない。

ネットでやれることをやっていくしかない。
政治の状況分析は、多方面からの情報を集積して総合的に判断していくものですが、正直私は不得手です。
新風連ブログの中にはそのような政治分析ブログがきら星のごとくありますのでそちらにお任せしていいかと思います。
私は得意分野の歴史問題の掘り下げを継続してやっていきます。
アメリカ下院の慰安婦決議案で旗を振ったマイク・ホンダ議員は。中国系圧力団体から支持を受けていたことを公表しました。
慰安婦問題の次は南京で攻めてくることでしょう。
私は民間でできる範囲で南京問題の研究をやっていきます。

そして、ネット以外では新風や瀬戸先生の活動に参加していきます。
私の住んでる地域には新風の組織はないので資金カンパの要請に応えるくらいしか今のところありません。
しかし私は「日本を外国に売り渡してしまっては年金どころの騒ぎではないんだ」と主張している唯一の政党を応援するしかありません。
すでに中年にさしかかった自分が、後の世の子供達に何をしてやれるか?それを考えて行動していきます。

何かを感じたらクリックお願いします→Banner2_7 

http://strategy.co.jp/
保守系SNS『国民の総意』

新しい風を求めてNET連合
Photo_21

の白紙撤回を求める署名にご協力をお願いします。

| | コメント (2)

2007年3月19日 (月)

「新風連」加盟サイトのお知らせ

慰安婦ニュースを追っているうちに、拙ブログが加盟している「新風連」に新しい仲間が増えております。

○亜細亜会議
http://blog.livedoor.jp/asiakaigi/

○団塊世代に大東亜戦争の真実を伝えたい便利屋
http://oncon.seesaa.net/

○東洋の魔笛
http://dnalt.iza.ne.jp/

○或る浪人の手記
http://restororation.blog37.fc2.com/

○小説以外にも語りたい!
http://blog.livedoor.jp/orihara22/

○「日本の夜明け」
http://blog.livedoor.jp/gokokumin/

○暇人凸撃隊
http://himazin.iza.ne.jp/blog/

○明日へ架ける橋
http://toraichiclub.blog53.fc2.com/

○愛する祖国 日本
http://ameblo.jp/yamato-jpn

○西村真悟と行動する「真悟の会・堺」
http://shingomatrix.jp/

○李下で冠を正す
http://okbokujyou.blog.shinobi.jp/

みなさん、拙ブログ同様、新風連協賛サイトをよろしくお願いいたします。

また新風連は、既成の政党におもねるのではなく、「維新政党・新風」の活動を応援しています。
夏の参院選で、前回12万票であった新風の票を100万票まで伸ばし、国会に一議席を獲得することが目標です。
極右評論の主宰者である瀬戸弘幸先生は以下のような分析をされています。

昨年11月にブロガー仲間に呼びかけ、日本の政界に右からの新しい風を求めるネット連合『新しい風を求めてNET連合』(新風連)を結成、維新政党・新風を応援する言論活動を展開してきました。
 この活動を始めるに当り、参院選挙において新風の獲得投票数「100万票」を目指すことも宣言しました。当初(今でもですが)この「100万票」獲得宣言は『2ちゃんねる』などで散々叩かれました。
 前回の参院選挙で新風が獲得した票数は12万票であり、ネットの力だけで「100万票」を目指すと言っても、それは余りにも無謀ではないかという仲間からの指摘もありました。
 私は選挙の専門家ではありません。しかし、単なる希望的観測を述べた訳ではありません。その根拠として上げたのが、3年前の選挙にはブログはなかった―ということです。
 ネットの急速な広まりと、東アジアの劇的な情況変化が、必ずやこれまでの常識を変えるという確信を持っての「100万票」宣言でした。昨日のエントリーのコメントを読んだ方々は、その私の思いを同様に抱いたはずです。
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51375432.html

読者のみなさん!
中国の顔色をうかがうことのない、アメリカに媚びを売ることのない本来の日本人の姿を取り戻しましょう!
そのための第一歩が維新政党・新風の国会での議席獲得です!
読者のみなさん!ブログの力で政治を変えていきましょう!

緊急アンケート:東京都知事選挙で誰に投票しますか?
http://strategy.co.jp/modules/xoopspoll/pollresults.php?poll_id=5

何かを感じたらクリックお願いします→Banner2_7

http://strategy.co.jp/
保守系SNS『国民の総意』

新しい風を求めてNET連合 
Photo_21

http://www.nankinnoshinjitsu.com/
映画「南京の真実」製作に応援を!

| | コメント (2)

2006年11月19日 (日)

新風連に参加しました

Photo_20

この度、私が以前から愛読させていただいている極右評論の主旨に賛同するブログ連盟「新風連」に参加させていただく事となりました。

歴史を正確に知ってこその愛国と思っております。
歴史が苦手な人に、妥当性のある歴史を紹介していくためにこれからも精進していこうと思っています。

瀬戸弘幸先生、誠にありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)