« 「チベット(アラン・ウィニントン)」(3) 二郎山を越えて | トップページ | チベット関連ニュース:中国情報局4/28~5/17 »

2008年5月18日 (日)

チベット関連ニュース:AFP4/30~5/17

聖火リレー控える香港、人権活動家ら13人を入境拒否
20080501 21:54 発信地:香港
51 AFP】北京五輪の聖火リレーは2日、香港を皮切りに開催地・中国の国内巡回が開始されるが、香港当局は海外の人権活動家らの入境を拒否しており、外交筋や運動団体が懸念している。
 聖火は中国最初のリレー地となる香港に30日到着。2日のリレー開始を前に最終準備が進んでいる。これまでに巡回してきた世界各地の都市では、チベット(Tibet)自治区の暴動に対する中国政府の対応や、同国の人権問題をめぐり、デモなどの抗議行動に繰り返し阻まれた。
 中国本土に入れば言論に対する規制が強まるため、比較して寛容な香港で行われる2日の聖火リレーは、さまざまな問題で中国政府を批判する人々にとって、リレーにあわせて抗議を表明する最後の機会となりうる。
■ダルフール問題で中国批判の俳優ミア・ファローさん到着
 2日を控え、海外の人権活動家らは香港入りを目指しているが、これまでに入境を拒否される例も相次いでいる。
 米国の俳優で人権活動家のミア・ファロー(Mia Farrow)さんは1日夕方、香港に到着した。ファローさんは、スーダンのダルフール(Darfur)紛争に対する中国政府の影響を指摘しているが、何も問題なく入国できたと述べた。
 ファローさんは「彼らは、わたしたちが聖火リレーの妨害のためにここに来たのではないということをはっきりさせたがっただけ。もちろん、妨害に来たのではない」と、香港の空港でインタビューに答えた。
 ファローさんは2日、「ダルフールと五輪」と題した講演を行う予定。「スーダン政府に圧力をかけるため、中国政府は何をすべきだと思うか」との問いには、「空爆と地上戦を停止」し、国際平和維持軍を受け入れるようスーダンの指導者たちに圧力をかけることができるだろうと述べた。
■海外活動家ら13人が入境できず
 しかし、外交筋や運動団体らによると、聖火リレーを前にこれまでに少なくとも13人が香港入りを拒否されている。
 現地の英国領事館が1日、AFPに明らかにした情報では、29日に英国人男性1人が入境しようとし、拒否された。また同じく英国人でチベット支援国際団体「フリー・チベット・キャンペーン(Free Tibet Campaign)」の広報担当であるMatt Whitticase氏も今週入境を拒否され、英国へ帰還を余儀なくされたという。
 英領事館広報官は「香港保安局長官と会見し、なぜ2人の英国人が入境できなかったのか明らかにしたい。また、29日に香港に到着した男性は空港で拘束されたままで、領事館と連絡を取れるようにしたい」と述べた。
 現地の英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(South China Morning Post、南華早報)によると、欧州委員会(European Commission)も入境拒否の件で、高官レベルと香港特別区行政府側との接触を試みるとみられている。
 このほかにも29日には、デンマークの彫刻家で人権活動家のJens Galschiotさんとカナダ人のチベット支援運動家2人の計3人、また30日にはほか2人が相次いで拒否されている。
 香港記者協会(Hong Kong Journalist Association)によると、言論の自由を訴える集会へ出席を予定していた中国籍の作家Zhang Yu氏も29日、活動拠点としているスウェーデンへ送還された。同集会の広報担当によると、反体制派の作家Zhao Dagong氏を含む本土からの集会出席予定者5人も香港入りできなかった。
 国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(Amnesty International)は、香港当局は公共秩序の維持に関する懸念を、「表現、結社、集会の自由という基本的人権」を弾圧する口実にすべきでないと糾弾した。(c)AFP/Guy Newey

微妙な感じですが香港も自由とは言えないようです。
それにしてもアムネスティは中国の人権問題に頬被りすることなく批判してますね。
まあ中国に異常に寛容なのは日本の人権団体だけかとw

中国5都市のカルフールでまた抗議デモ
2008
0502 01:28 発信地:北京/中国   
51 AFP】(52 一部更新)中国の国営新華社(Xinhua)通信は1日、国内5都市の仏小売大手カルフール(Carrefour)の店舗前で数百人規模の抗議デモが行われたと報じた。聖火リレーを巡って高まっていた反仏感情が再燃したかたちだ。
 抗議デモが行われたのは、首都北京(Beijing)、湖南(Hunan)省長沙(Changsha)、福建(Fujian)省福州(Fuzhou)、遼寧(Liaoning)省瀋陽(Shenyang)、重慶(Chongqing)市の5都市。
 新華社によると、デモ参加者らは中国国旗を手にカルフールとチベット独立に抗議するスローガンを叫び、北京五輪への支持を表明。福州にあるカルフール前の広場には午前11時(日本時間午前12時)ころまでに約1000人が集まり、中国国旗やチラシを配っていたという。これを受けて100人以上の警察官が事態の収拾にあたり、午後1時までには集まった人々は解散したという。(c)AFP/Marianne Barriaux

カルフールデモはまだ沈静化してないようです。

タイム誌が選ぶ「世界で最も影響力のある100人」、2008年度1位はダライ・ラマ14
2008
0502 11:24 発信地:ニューヨーク/米国
52 AFP】米タイム(Time)誌が選ぶ毎年恒例の「世界で最も影響力のある100人」が1日発表された。
 2008年の100人のトップに立ったのはチベット(Tibet)仏教最高指導者ダライ・ラマ(Dalai Lama14世。2位以降は、ウラジミール・プーチン(Vladimir Putin)露大統領、次期米大統領を狙う民主党のバラク・オバマ(Barack Obama)上院議員とヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)上院議員、同じく共和党のジョン・マケイン(John McCain)上院議員が続いている。
 昨年、100位外となったジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)米大統領は2年振りにランクイン。中国の胡錦濤(Hu Jintao)国家主席に次いで、7位に入った。しかし、次期大統領を狙う3人に順位では負けている。
 一方、国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)の指導者ウサマ・ビンラディン(Osama Bin Laden)容疑者とイランのマハムード・アフマディネジャド(Mahmoud Ahmadinejad)大統領は、今年はランク外となった。
「ヒーロー&パイオニア」部門では、映画俳優のブラッド・ピット(Brad Pitt)とアンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)のカップル、ランクイン5回目となるテレビ司会者のオプラ・ウィンフリー(Oprah Winfrey)、義足スプリンターのオスカー・ピストリウス(Oscar Pistorius)、女優のミア・ファロー(Mia Farrow)、元男子プロテニス選手のアンドレ・アガシ(Andre Agassi)らが名を連ねた。
「アーティスト&エンターテイナー」部門には、米国のテレビドラマ『シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ(Hannah Montana)』への主演で脚光を浴びているマイリー・サイラス(Miley Cyrus)も15歳にしてランクインし、最年少記録を作った。同部門にはそのほか、俳優のロバート・ダウニー・JrRobert Downey Jnr.)、ミュージシャンのハービー・ハンコック(Herbie Hancock)、映画監督のイーサン・コーエン(Ethan Coen)とジョエル・コーエン(Joel Coen)、歌手のマライア・キャリー(Mariah Carey)、小説『君のためなら千回でも(The Kite Runner)』の著者カーレド・ホッセイニ(Khaled Hosseini)氏らが入った。
 タイム誌電子版のユーザーがネット投票する部門では、「現代コンピュータゲームの父」と称される任天堂(Nintendo)のゲームクリエイター、宮本茂(Shigeru Miyamoto)氏がトップに立った。2位には2007年の同部門1位だった韓国の歌手ピ(Rain)が入っている。(c)AFP

ダライ・ラマが一位に選ばれたのは嬉しいニュースですが、現職のアメリカ大統領より候補の方が影響力があるってのは何かなと思います。w

香港で聖火リレー実施、中国本土からも群集殺到
2008
0502 13:47 発信地:香港   
52 AFP】(一部更新、写真追加)香港で2日、雨が降りしきる中、北京五輪の聖火リレーが始まった。チベット問題や人権問題での抗議活動ができるのも同地が最後になるとみられており、人権活動家と親中国派の小競り合いなどが原因でこれまでに約20人がコース上で拘束されている。
 聖火は、第1走者で香港唯一の五輪金メダリストのLee Lai Shanさんに手渡され、厳しい警戒態勢のなか開始された。
 通りには数千人の群衆が詰めかけたが、中国本土からやってきた人が大半を占めた。中国国内では、国際的な中国批判に反発が強まってる。(c)AFP

やはり長野の時と同じように中国本土からの動員が多数あるようです。
これから聖火は中国本土に入りますが静かなリレーになるでしょうね。

ダライ・ラマ特使、3日に訪中 非公式対話へ
20080503 02:35 発信地:ダラムサラ/インド
53 AFP】インド北部ダラムサラ(Dharamshala)のチベット亡命政府は2日、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ(Dalai Lama14世の特使2人が中国指導者との「非公式」対話のため中国に向け出発し、3日に到着すると発表した。対話は早ければ3日にも実現する。
 今回の対話は中国政府のチベット暴動弾圧以来、初めての直接交渉とされる
 310日に中国のチベット(Tibet)自治区ラサ(Lhasa)で暴動が発生し、中国政府が弾圧した。
 チベット亡命政府のThubten Samphel報道官は「今回の短期間の訪問では、チベット自治区などでの最近の問題など緊急の課題を取り上げる」とし、中国政府の対応へのダライ・ラマの深い懸念とチベット自治区の平和を回復するための提案を行うとした。
 特使はロディ・ギャリ(Lodi Gyaltsen Gyari)氏とギャルツェン(Kelsang Gyaltsen)氏で、中継地の香港(Hong Kong)に到着したという。(c)AFP/Lobsang Wangyal

十中八九、共産党のポーズでしょうけど対話の内容に注目したいものです。

中国の胡錦濤国家主席が来日、国家主席として10年ぶり
20080506 16:28 発信地:東京
56 AFP】中国の胡錦濤(Hu Jintao)国家主席が6日午後、日本公式訪問のため専用機で都内の羽田空港に到着した。中国の国家元首の日本訪問は10年ぶり。
 来日に先立ち日本の報道陣向けに行った記者会見で、胡主席は日本訪問を「暖春の旅」と表現し、戦略的互恵関係の推進への意欲を示した。
 3月末にチベット自治区で起きた暴動を中国当局が制圧して以来、胡主席の海外訪問は、今回が初めて。チベット問題をめぐっては海外で中国に対する抗議活動が高まっていることから、羽田空港周辺にも、厳重な警戒態勢が敷かれた。(c)AFP/Shingo Ito

さて、戦略的互恵関係の旅の始まりです。
経済的な紐帯が強まってもそれが虐殺資金に繋がっては何のための繁栄かとなります。
人類の叡智が問われていると思います。

北京五輪聖火、エベレスト登頂
2008
0508 13:04 発信地:北京/中国 
58 AFP】(一部更新、写真追加)北京五輪の聖火を手にした中国の登山隊が、現地時間8日午前9時すぎ(日本時間同10時すぎ)、エベレスト(Everest、標高8848メートル)山頂に到達した。国営テレビが報じた。登山隊は同午前2時(日本時間同午前3時)に登頂を開始、午前10時の到着を予定していた。
 五輪聖火のエベレスト登頂は、降雪と強風で延期されていた。エベレストは一部チベット(Tibet)自治区に属しており、3月に中国政府が同自治区での抗議活動を取り締まって以来、聖火の登頂計画は議論の的となってきた。
 エベレスト登頂にあたり、中国当局は厳重な警備を敷いた。妨害活動を防ぐため、チベット側・ネパール側の登頂ルートとも通行は禁止されている。(c)AFP

実現が危ぶまれていたエベレスト聖火ですが無事成功したようです。
喜ばしい事とは思えません。

チベット特使、非公式対話で中国に「愛国教育」中止を要求
2008
0508 19:30 発信地:ダラムサラ/インド
58 AFP】チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ(Dalai Lama14世の特使として中国政府代表との非公式対話に出席したロディ・ギャリ(Lodi Gyaltsen Gyari)氏は8日、対話の中でチベット人に対する「愛国主義教育」の中止を求めたことを明らかにした。
 チベット亡命政府の置かれているインド北部ダラムサラ(Dharamshala)で行った記者会見でギャリ氏は、このほかにも「チベット人拘束者の釈放および負傷者への適切な治療」や「報道関係者を含むチベット自治区内への立ち入り許可」などを要求したとも語った。
 また、各問題に対する見解の差は埋まらなかったものの、双方とも対話の継続では合意し、ダライ・ラマ14世と中国政府との7回目となる直接対話の日程が、近く双方の合意が得られ次第、公表される見通しだと述べた。
 ギャリ氏と中国政府代表との非公式対話は4日、中国南部広東(Guangdong)省深セン(Shenzhen)で行われた。3月末のチベット自治区での暴動発生以来、両者による協議は初めて。(c)AFP

何かを感じたらクリックお願いします→Banner2_7 

http://strategy.co.jp/
保守系SNS『国民の総意』

対話の内容が公開されました。
・愛国教育の中止
・チベット人の釈放
・負傷者への適切な治療
・プレスを含む自治区内への立入許可
ということですね。
いきなり「高度な自治」というわけにはいかないのでしょう。
継続に期待したい所です。

胡主席が早大で講演、中国の軍事的脅威を否定
2008
0509 01:36 発信地:東京
59 AFP】来日中の胡錦濤(Hu Jintao)中国国家主席は8日、早稲田大学(Waseda University)で講演し、日本は中国の台頭を恐れることは何もないと強調した。
 胡主席は、日中間の歴史問題について非常に融和的な態度を示し、第2次世界大戦以後の日本の対中支援について感謝の意を表明した。
 また、「中国は防衛的な国防政策をとってきており、軍拡競争に参加することは決してない」とし、「いかなる国に対しても軍事的脅威となることはなく、また覇権や拡大主義を主張することは決してない」と主張した。
 講演後に行われた日中両国青少年の交流行事では、胡主席は上着を脱いで眼鏡を外し、卓球の試合に飛び入り参加。福田康夫(Yasuo Fukuda)首相が見守る中、同大の福原愛(Ai Fukuhara)選手と対戦し、その腕前を披露した。
 一方、大学のキャンパスでは、中国のチベット(Tibet)統治に反対する学生や市民100人以上が、チベット旗を振り、「フリーチベット(チベット解放)」と叫んで抗議活動を行った。
 また、同日朝に行われた胡主席と日本の歴代首相との朝食会には、靖国参拝で中国から批判を受けていた小泉純一郎(Junichiro Koizumi)元首相は欠席した。(c)AFP/Kyoko Hasegawa

早稲田大学で行ったというのは福原愛さんがおられるからなのでしょうか?
それはともかく「日中間の歴史問題について非常に融和的な態度を示し、第2次世界大戦以後の日本の対中支援について感謝の意を表明した。」というのは10年前の江沢民の時を思い出せば隔世の感がします。
つまり日本と敵対するといかに中国にとって痛手かということを示しているに他なりません。
この中国側の弱みを握って有利な交渉を、と期待したい所ですが難しいでしょうね。

中国国家主席訪問への抗議集会、奈良
2008
0510 19:37 発信地:奈良
510 AFP】(一部更新)日本を訪問した中国の胡錦濤(Hu Jintao)国家主席は5日間の日程の最終日となる10日、奈良の唐招提寺を訪問した。
 唐招提寺周辺には数十人が集まり「フリーチベット」などと叫んで胡国家主席の訪問に抗議した。また奈良市内でもチベットを支援する抗議集会が行われた。(c)AFP

唐招提寺が善光寺に続いてくれるのでは?と期待していたのですけど無理だったようです。
寺側の代表が胡錦濤を笑顔で案内していたのを見たときには失望しました。
内心は葛藤があったのでしょうか?

中国の大地震、チベット下プレートが原因 仏地震学者
2008
0514 00:28 発信地:パリ/フランス
514 AFP】中国南西部を襲った四川(Sichuan)省を震源とするマグニチュード7.8の大地震は、チベット高原(Tibetan Plateau)下にあるプレート(岩板)が北東方向にずれたことが原因との見方を、フランスの地震学者らが示した。
 パリ地球物理研究所(Paris Institute of Earth Physics)のポール・タポニエ-ル(Paul Tapponnier)氏は、四川省は地震の多発地帯で、今後も多くの余震が発生するだろうと警告する。
 チベット高原の東縁にある山岳地帯は、5000万年前にインド側のプレートがユーラシアプレートにぶつかり地表が押し上げられたもので、ヒマラヤ山脈や世界最高峰エベレスト(Mount Everest、チョモランマ)もこの衝突で出来たものだ。これらの山々は、地殻変動の影響で今も上昇を続けているという。
 中国南部と四川盆地にまたがるチベットは、常に東方向に押され続けていると、タポニエ-ル氏は説明する。
 また、チベット高原の端にある竜門山(Longmenshan)断層が引き起こしたとみられる今回の地震は、地質学的に非常に複雑な仕組みによるものだと地球物理研究所で構造地質局主任のロビン・ラカシン(Robin Laccassin)氏は述べる。
「この地域には、数多くの大型断層線が存在する。このうち、かなり昔の断層のいくつかが内部破壊し、今回の地震を引き起こしたのだろう」(ラカシン氏)
 20世紀に入ってからチベット高原で発生した大規模な地震としては、1920年に甘粛(Gansu)省で23万人の犠牲者を出した地震がある。また、1970年に雲南(Yunnan)省で発生した地震では15000人が死亡している。(c)AFP

今回の四川大地震はチベット下のプレートが原因とのこと。
チベット弾圧に対する神の怒りでしょうか?
しかし地震で実際に死んでいるのはチベットの人達が多いのです。
神は何と無情なことか。

|

« 「チベット(アラン・ウィニントン)」(3) 二郎山を越えて | トップページ | チベット関連ニュース:中国情報局4/28~5/17 »

コメント

死ねよカス(*≧m≦*)ププッ

投稿: 人造人間 | 2009年5月30日 (土) 11時22分

死ねよカス(*≧m≦*)ププッ

投稿: 瀬戸山 | 2009年6月 3日 (水) 17時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「チベット(アラン・ウィニントン)」(3) 二郎山を越えて | トップページ | チベット関連ニュース:中国情報局4/28~5/17 »