« 交戦法規の適用に関する件(1) | トップページ | 渡嘉敷島(1) »

2007年10月 3日 (水)

集団自決について

沖縄が今騒動に包まれています。
沖縄タイムズの記事をご紹介します。よくご存じの方は飛ばして読んでください。

2007年9月30日(日) 朝刊 1面 
11万人結集 抗議/検定撤回 9・29県民大会 

私たちは真実を学びたい。次世代の子どもたちに真実を伝えたい―。高校歴史教科書の検定で、文部科学省が沖縄戦「集団自決(強制集団死)」から日本軍強制の記述を削除したことに抗議する「教科書検定意見撤回を求める県民大会」(主催・同実行委員会)が二十九日午後、宜野湾市の宜野湾海浜公園で開かれた。大会参加者は当初予想を上回る十一万人(主催者発表)。宮古、八重山を含めると十一万六千人に達し、復帰後最大の“島ぐるみ”大会になった。大会では日本軍の命令、強制、誘導などの記述を削除した文科省に対し、検定意見撤回と記述回復を求める決議を採択した。
 戦争を体験した高齢者から子どもまで幅広い年代が参加、会場は静かな怒りに包まれた。県外でも東京、神奈川、愛媛などで集会が開かれ、検定意見撤回と記述回復を求める県民の切実な願いは全国に広がった。

 大会実行委員長の仲里利信県議会議長は「軍命による『集団自決』だったのか、あるいは文科省が言う『自ら進んで死を選択した』とする殉国美談を認めるかが問われている。全県民が立ち上がり、教科書から軍隊による強制集団死の削除に断固として『ノー』と叫ぼう」と訴えた。

 仲井真弘多県知事は「日本軍の関与は、当時の教育を含む時代状況の総合的な背景。手榴弾が配られるなどの証言から覆い隠すことのできない事実」とし、検定意見撤回と記述復活を強く求めた。

 「集団自決」体験者、高校生、女性、子ども会、青年代表なども登壇。検定撤回に応じず、戦争体験を否定する文科省への怒りや平和への思いを訴えた。

 渡嘉敷村の体験者、吉川嘉勝さん(68)は「沖縄はまたも国の踏み台、捨て石になっている。県民をはじめ多くの国民が国の将来に危機を感じたからこそ、ここに集まった。為政者はこの思いをきちっと受け止めるべきだ」とぶつけた。

 体験文を寄せた座間味村の宮平春子さん(82)=宮里芳和さん代読=は、助役兼兵事主任をしていた兄が「玉砕する。軍から命令があった」と話していたことを証言した。

 読谷高校三年の津嘉山拡大君は「うそを真実と言わないで」、照屋奈津美さんは「あの醜い戦争を美化しないで」とそれぞれ訴えた。

 会場の十一万人は体験者の思いを共有し、沖縄戦の史実が改ざんされようとする現状に危機感を募らせた。宮古、八重山の郡民大会に参加した五市町村長を含み、大会には全四十一市町村長が参加した。

 実行委は十月十五、十六日に二百人規模の代表団で上京し、首相官邸や文科省、国会などに検定意見の撤回と記述回復を要請する。

 仲里実行委員長は「県民の約十人に一人が参加したことになる。県民の総意を国も看過できないだろう」と、記述回復を期待した。

検定見直し国会決議も/超党派視野民主が検討

 民主党の菅直人代表代行は二十九日、政府や文部科学省に「集団自決(強制集団死)」で軍強制を削除した検定のやり直しを求め、応じない場合は超党派で国会決議案提出を検討する意向を示した。また、国会の委員会審議の参考人として「集団自決」体験者を招き、証言を直接聴取する考えも明らかにした。

 教科書検定撤回を求める県民大会に出席した後、記者団の取材に応じた菅代表代行は「臨時国会の代表質問や予算委員会審議で取り上げ、文科省の調査官のコントロールでねじ曲げられた検定のやり直しを求める」と強調。「検定の見直しや規則を変えることに応じなければ、国会の意思を問う」とした。野党共闘を軸に、与党にも働き掛け、超党派で提出する考えを示した。

 大会に出席した共産党の市田忠義書記局長は「県民大会の決議の趣旨であれば賛同する」、社民党の照屋寛徳副党首も「検定撤回を求め、国会の意思を示すべきだ」と賛同。国民新党の亀井久興幹事長も「決議に賛成したい」とし、野党各党とも国会決議案提出に賛成する意向だ。

 一方、与党側は、参加した公明党の遠山清彦宣伝局長が「撤回を求めるのは同じだが、国会決議で個別の検定を見直すことは今後の政治介入を許す危険性もあり、慎重に対応したい」との考え。自民党の県選出・出身でつくる「五ノ日の会」の仲村正治衆院議員は「今回の大会決議で要請することが先だ。今後の対応は党の協議次第だ」と述べるにとどまった。

http://www.okinawatimes.co.jp/day/200709301300_01.html

この問題を検証してみたいと思いましたので集団自決について集中的に調べたいと思います。
どちらにしろ更新滞ってますが南京事件にはお待ちいただきます。

まず争点は、渡嘉敷島に於て自決命令があったかどうか、に絞ります。
参考資料はまずは次の三点
・鉄の暴風
http://www.amazon.co.jp/%E6%B2%96%E7%B8%84%E6%88%A6%E8%A8%98-%E9%89%84%E3%81%AE%E6%9A%B4%E9%A2%A8-%E6%B2%96%E7%B8%84%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%82%B9%E7%A4%BE/dp/4871270017/ref=pd_bbs_sr_1/250-3434259-5258664?ie=UTF8&s=books&qid=1191371233&sr=8-1

・沖縄ノート
http://www.amazon.co.jp/%E6%B2%96%E7%B8%84%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88-%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%A4%A7%E6%B1%9F-%E5%81%A5%E4%B8%89%E9%83%8E/dp/4004150280/ref=sr_1_1/250-3434259-5258664?ie=UTF8&s=books&qid=1191371271&sr=1-1

・ある神話の背景
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%82%E3%82%8B%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E3%81%AE%E8%83%8C%E6%99%AF%E2%80%95%E6%B2%96%E7%B8%84%E3%83%BB%E6%B8%A1%E5%98%89%E6%95%B7%E5%B3%B6%E3%81%AE%E9%9B%86%E5%9B%A3%E8%87%AA%E6%B1%BA-1977%E5%B9%B4-%E6%9B%BD%E9%87%8E-%E7%B6%BE%E5%AD%90/dp/B000J8SLJA/ref=sr_1_3/250-3434259-5258664?ie=UTF8&s=books&qid=1191371306&sr=1-3

遺族会が作った戦史や戦闘詳報などもあるようですが入手できればそれも検討していきたいですね。

形としては「ある神話の背景」が「鉄の暴風」の記述を批判する形で書かれている関係上、その批判が妥当なものかを検討していくことになるかと思います。
私の感情としては「自決命令などなかったに違いない」というものがあるのですが、ゆめそれに引っ張られないように、算数を解くような気持ちで読んでいきたいと思います。

何かを感じたらクリックお願いします→Banner2_7 

http://strategy.co.jp/
保守系SNS『国民の総意』

新しい風を求めてNET連合

の白紙撤回を求める署名にご協力をお願いします。

|

« 交戦法規の適用に関する件(1) | トップページ | 渡嘉敷島(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 交戦法規の適用に関する件(1) | トップページ | 渡嘉敷島(1) »