« 参院選が終わって | トップページ | 中島中将の日記「捕虜ハセヌ方針ナレバ」(3) »

2007年8月 6日 (月)

中島中将の日記「捕虜ハセヌ方針ナレバ」(2)

さて2/25に(1)を書いてからはや半年。続きをやっていきます。

2/25の記事の終わりに、

次回以降は、肯定派の代表としてのK-K氏
http://members.fortunecity.com/kknanking/log/log02.html
(「柳」さんとのやり取り部分)

否定派の代表としてのグース氏
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ryunosuke/8312/index.html
この二氏の見解を紹介していくことで妥当性を発見していきたいと思います。

と書いていたのですが、何事があったのかはわかりませんがK-K氏のサイトは削除されてますね。
キャッシュも削除されていますのでこちらの記事を紹介させてもらうのは残念ながらできないようです。

しかし試行錯誤掲示板の常連さん達を編集メンバーにして、「南京事件FAQ」というサイトがオープンしてます。
http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/d/FrontPage

こちらのページでは、ネット上で議論の対象になるほとんどの問題を網羅してますので、こちらとグース氏のサイトを比較していくことで記事にしていきたいと考えます。
要所で他の歴史家の著述も紹介していきますが、極力無機質に、都合のよい部分のトリミングなどしないよう心がけていきます。

さて南京事件FAQでは中島今朝吾日記をどう解釈しているでしょうか?
こちらに詳しい著述があります。
http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/d/%a1%d6%ca%e1%ce%ba%a4%cf%a4%bb%a4%cc%ca%fd%bf%cb%a1%d7%a4%c8%a4%cf%bc%e1%ca%fc%a4%ce%ca%fd%bf%cb%a4%c7%a4%cf%a4%ca%a4%a4

論点は「捕虜はせぬ方針」というのが処刑か?釈放か?ということです。

旧陸軍歩兵学校が刊行した『対支那軍戦闘法ノ研究』(1933年)の中の「捕虜ノ処置」には以下の文章があるようです。
原文を確認できればいいのですが難しく、上のURLからの引用となります。

捕虜は他列国人に対する如く必ずしも之れを後送監禁して戦局を待つを要せず、特別の場合の外之れを現地又は他の地方に移し釈放して可なり。
支那人は戸籍法完全ならざるのみならず特に兵員は浮浪者多く其存在を確認せられあるもの少きを以て仮りに之を殺害又は他の地方に放つも世間的に問題となること無し。

要するに、捕虜は釈放していいけれども、中国人に対しては別。殺害しても問題にはならない。
ということですね。
1933年時点の陸軍でこんな事が公の文章となって配られていたとは。。。。
信じがたいので防衛省の図書館に行って本物を見て確認したいところですが九州在住ではそれもままなりません。

これに対しては東中野教授の解釈が詳細ですので対比してみましょう。
この、「中国兵は殺しても構わない」ともとれる文章について

しかし、それは、捕虜は・・・釈放してもよい」という原則と矛盾するのではないか。洞氏はそう意識しているからであろう、後段のみを引用している。つまり、原則として捕虜釈放を支持する前段を割愛して引用している。(「南京虐殺」の徹底検証」 P88)

と、肯定派の洞教授の資料引用に批判を加えています。そしてこの「殺害」は特例であったと述べておられます。
まあ、確かに「仮に殺害」であって「何が何でも捕虜にせず殺害せよ」とも書いていないわけですが。
そしてその特例とは

即ち日本軍の命令に服さない場合、「仮リニ之レヲ殺害」したとしても、ハーグ陸戦法規第八条は「総テ不従順の行為アルトキハ、俘虜ニ対シ必要ナル厳重手段ヲ施スコトヲ得」と名言しているから、戦時国際法上の問題はない。社会的にも問題にはならないというのであった。(「南京虐殺」の徹底検証」 P88)

という事だそうです。
つまり
「支那人は戸籍法完全ならざるのみならず特に兵員は浮浪者多く其存在を確認せられあるもの少きを以て仮りに之を殺害又は他の地方に放つも世間的に問題となること無し。」
の部分を東中野教授の解釈でもって補足すると
「中国人は戸籍がしっかりしていない者が多いから、不服従で殺害しても問題にならない。また釈放しても問題にならない。」
ということになります。
だいぶ最初の印象と違って読めますね。

このあたりまだ東中野教授の解釈、ちょっと強引だなあと感じる所ですが、同じ本の次章で「交戦法規ノ適用ニ関スル件」(昭和12年)との関連について解釈を述べられています。
これはなかなか面白いです。
次回はこの東中野説を中心に読み解いてまいりましょう。

何かを感じたらクリックお願いします→Banner2_7

http://strategy.co.jp/
保守系SNS『国民の総意』

新しい風を求めてNET連合 
Photo_21

の白紙撤回を求める署名にご協力をお願いします。

|

« 参院選が終わって | トップページ | 中島中将の日記「捕虜ハセヌ方針ナレバ」(3) »

コメント

>キャッシュも削除されていますので
こちらから、ご覧になれるかもしれません。
http://web.archive.org/web/*/http://members.fortunecity.com/kknanking/log/log02.html

虐殺肯定派で有名なサイトは、こちらでご紹介しています。
【世界の】「南京大虐殺」は嘘【非常識】@2ちゃんねる・過去ログhttp://jpn.nanjingpedia.com/wiki/?2ch%2Fasia%2FNanjingSpy

投稿: Kjm(南京ペディア管理人) | 2007年8月 6日 (月) 18時13分

>Kjmさんありがとうございます。
教えてもらったサイトに行ってみましたがやはりみれないようですね。
K-Kさんは隙がありませんからw
情報提供もいつもありがとうございます。
どんどん活用していいブログ書きますよ。

投稿: daikichi | 2007年8月10日 (金) 18時45分

http://uffffff.blogaruba.com/ amateur sex
amateur sex
[url=http://uffffff.blogaruba.com/]amateur sex[/url]
http://uffffxc.blogaruba.com/ amateur videos
amateur videos
[url=http://uffffxc.blogaruba.com/]amateur videos[/url]
http://uffffxx.blogaruba.com/ amateur porn
amateur porn
[url=http://uffffxx.blogaruba.com/]amateur porn[/url]
http://uffffxv.blogaruba.com/ free amateur movies
free amateur movies
[url=http://uffffxv.blogaruba.com/]free amateur movies[/url]

投稿: lneqe | 2007年10月19日 (金) 02時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 参院選が終わって | トップページ | 中島中将の日記「捕虜ハセヌ方針ナレバ」(3) »