« 南京関連ニュース 「30万人」に学術的根拠ない」続報 | トップページ | 中島中将の日記「捕虜ハセヌ方針ナレバ」(2) »

2007年8月 5日 (日)

参院選が終わって

本業で忙しくついつい更新しないまま時間が経ちました。
楽しみにしてくれていた方(いるのかな?)申し訳ありません。

先日の参院選で私は維新政党・新風を応援しておりました。
しかし結果は信じられない惨敗。

得票数は12万票から17万票に伸びているというものの、新風連主宰の「極右評論」瀬戸弘幸先生を比例順位一位にしての結果です。
個人的には100万票に届くかという期待をしていました。
選挙の結果が出てから色々と考えました。
ネットが政治に容喙するのはまだ時代が早いのではないか?
やはり既存の新聞、テレビの前にはブログは無力なのか。

ネットで政治の情報を見る人にとっては「自治労」という言葉は常識だったと思います。
約100万人が所属する社会保険庁最大の労組。
参院選の最大の争点だった年金問題の実行犯。

社会保険庁と自治労が交わした覚え書きを見たときは愕然としました。
私もこんな甘い職場で働いてみたいものだと思ったのは小声です。

http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/190143/

こんなぬるま湯で働いていたらそれは無責任にもなろうってものです。
許してしまう社保庁もなんだかなあとは思いますが、どう考えたって自治労は度が過ぎる権利の主張をしていたと私には思えます。

自治労=実行犯
社保庁=監督責任

という自分の定義は多くの人に支持いただけるのではないでしょうか?
そして、自治労を全力でバックアップしていたのが民主党であること。
中央執行委員だった相原久美子氏が民主党の比例区で立候補していたこと。
そのことを知らされていた有権者はどのくらいいたのでしょうか?

選挙の結果は以下の通りです。
http://news.goo.ne.jp/feature/elex/candidate/minshu/

国民が自治労のことを理解していればこんな投票結果になったとは思えません。
民主党側の失策は最大限報道されないように配慮されていたのです。

今回の選挙で、自民党の失態は重箱の隅をつつくような形でさんざんとりあげられました。
松岡大臣、赤城大臣、小池大臣の事務所費用問題。
柳沢大臣、久間大臣、麻生大臣の失言。

政治資金の問題なら小沢一郎の25億円の問題の方が四桁も五桁も金額が大きいのですがなぜ新聞テレビはだんまりなのか?
http://itnews.blog17.fc2.com/blog-entry-1659.html
失言問題なら、詐欺を推奨する横峯良郎氏の発言の方がよほどタチが悪いと思うのですがなぜこれは取り上げられないのか?
http://www11.ocn.ne.jp/~jcpkochi/minpo/topic/2007/070721yokomine.htm

つまり今回の選挙はマスコミの取捨選択された情報によって結果を求められたわけです。
政治的な意図によって報道がねじ曲げられるのなら、そういう悪意の入ってこない場所で情報を発信するしかない。

ネットでやれることをやっていくしかない。
政治の状況分析は、多方面からの情報を集積して総合的に判断していくものですが、正直私は不得手です。
新風連ブログの中にはそのような政治分析ブログがきら星のごとくありますのでそちらにお任せしていいかと思います。
私は得意分野の歴史問題の掘り下げを継続してやっていきます。
アメリカ下院の慰安婦決議案で旗を振ったマイク・ホンダ議員は。中国系圧力団体から支持を受けていたことを公表しました。
慰安婦問題の次は南京で攻めてくることでしょう。
私は民間でできる範囲で南京問題の研究をやっていきます。

そして、ネット以外では新風や瀬戸先生の活動に参加していきます。
私の住んでる地域には新風の組織はないので資金カンパの要請に応えるくらいしか今のところありません。
しかし私は「日本を外国に売り渡してしまっては年金どころの騒ぎではないんだ」と主張している唯一の政党を応援するしかありません。
すでに中年にさしかかった自分が、後の世の子供達に何をしてやれるか?それを考えて行動していきます。

何かを感じたらクリックお願いします→Banner2_7 

http://strategy.co.jp/
保守系SNS『国民の総意』

新しい風を求めてNET連合
Photo_21

の白紙撤回を求める署名にご協力をお願いします。

|

« 南京関連ニュース 「30万人」に学術的根拠ない」続報 | トップページ | 中島中将の日記「捕虜ハセヌ方針ナレバ」(2) »

コメント

お久しぶりです。

>楽しみにしてくれていた方(いるのかな?)

はい!(笑)

もう更新をやめてしまったのか思っておりましたが、再開されたこと、嬉しく思います。

政治的な立ち位置を超えて検証される姿勢には共感しておりますので、是非今後も続けていただきたいと思っております。

私自身も、政治問題化している南京や慰安婦については、歴史の素人ながら頑張って書いていこうと思っています。
(当面は慰安婦問題が先になりそうですが。)

今後の更新、南京事件の検証も、楽しみにしております。

投稿: j.seagull | 2007年8月 6日 (月) 09時20分

>j.seagullさん
コメントありがとうございます。
seagullさんのような方がおられるとわかっておればこんなに長いことさぼらずちゃんとやっていたものを。。。
大変申し訳ないです。
本業優先は変わらないのですが、無理なく更新できるような習慣を作らねばなりませんね。

私も南京がんばります。
seagullさんも慰安婦問題お願いいたします。
わからないことがありましたらぜひご質問下さいませ。
将来の子供たちのためにがんばりましょう。

投稿: daikichi | 2007年8月 6日 (月) 12時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南京関連ニュース 「30万人」に学術的根拠ない」続報 | トップページ | 中島中将の日記「捕虜ハセヌ方針ナレバ」(2) »