« 中島中将の日記「捕虜ハセヌ方針ナレバ」(1) | トップページ | 慰安婦関連ニュース 首相、アメリカ、韓国、北朝鮮 »

2007年3月 4日 (日)

慰安婦関連ニュース 安部総理の反撃

3/1夜に安部総理が河野談話の見直しを求めたという事実があったようです。
色々な報道がなされていて実像はどれなのか判断しかねます。
3/4時点で報道されている各社のニュースを分析してみました。

・共同通信
3/1前後には安部総理の発言については報道していません。
3/3に「アメリカの新聞がこう報じたよ」との記事を書いています。

河野談話見直し準備と報道
首相発言で米紙
2007年03月03日 12:23 【共同通信】
 【ワシントン2日共同】2日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、従軍慰安婦問題で安倍晋三首相が旧日本軍による強制を示す証拠はないと発言したと伝え、旧日本軍の関与を認めた1993年の河野洋平官房長官談話の見直しを準備していることを「これまでで最も明確に」示したと報じた。
 2日付のワシントン・ポスト紙も東京発のAP通信の記事を掲載。安倍首相の発言は従来の日本政府の見解と矛盾し、中国、韓国の反発を招くのは確実とした。

http://www.47news.jp/CN/200703/CN2007030301000333.html

非常にあっさりとした記述です。
その10時間後に書かれた記事を読んでみましょう。

安倍発言に「強い遺憾」
韓国、河野談話見直し警戒
2007年03月03日 22:04 【共同通信】
韓国、安倍首相発言を批判
【ソウル3日共同】韓国外交通商省は3日、従軍慰安婦の動員には旧日本軍の強制性を裏付ける具体的証拠はないとの1日の安倍晋三首相の発言を非難し「歴史の真実をごまかそうとするもので、強い遺憾を表明する」とのスポークスマン名の論評を出した。
 韓国では、安倍首相が米下院外交委員会で審議中の慰安婦問題で日本に謝罪を求める決議の可決を阻止するため、旧日本軍の関与を認め謝罪した1993年の「河野洋平官房長官談話」の見直しに動きだしたとの警戒感が強まっている。修復局面にあった日韓関係の新たな火種になりそうで、沈黙を守っている青瓦台(大統領官邸)の反応が注目される。

http://www.47news.jp/CN/200703/CN2007030301000723.html

共同通信は、総理の発言よりも韓国の反応の方にウエイトが置かれているような感じを受けますね。

・時事通信
2007/03/01-22:30 従軍慰安婦「強制の証拠ない」=河野談話の見直し否定せず-安倍首相
 安倍晋三首相は1日夜、従軍慰安婦問題を謝罪した1993年の河野洋平官房長官談話について「当初定義されていた強制性を裏付ける証拠がなかったのは事実だ」と述べ、旧日本軍が従軍慰安婦を強制的に集めて管理した証拠はないとの認識を示した。また、談話見直しの必要性に関しては「定義が大きく変わったことを前提に考えなければならない」と語り、否定しなかった。首相官邸で記者団の質問に答えた。
 ただ、この発言について首相周辺は「国会で答弁した通りのことを言っただけで、これまでの政府方針と何も変わっていない」と指摘、同談話の見直しを表明したものではないと強調。塩崎恭久官房長官も同日の記者会見で「談話を受け継いでいくのが政府の立場だ」と語った。

http://www.jiji.com/jc/zc?key=%b2%cf%cc%ee%c3%cc%cf%c3&k=2007030101167

総理が発言した3/1の夜にすぐに報道していますね。
内容も「アメリカがこう言ってたよ」じゃなくて踏み込んだ内容を書いています。

2007/03/03-19:31 安倍首相発言に「強い遺憾」=韓国政府が非難声明-従軍慰安婦問題
 【ソウル3日時事】韓国外交通商省は3日、安倍晋三首相が従軍慰安婦問題で「強制性を裏付ける証拠がなかったのは事実だ」と述べたことについて声明を出し、「歴史的真実をごまかそうとするもので、強い遺憾の意を表明する」と非難した。
 声明は、従軍慰安婦問題で強制性があったと認めて謝罪した1993年の河野洋平官房長官(当時)談話に言及した上で、安倍首相発言は「河野談話を継承するという日本政府の度重なる立場表明が本物だったかどうかを疑わせる」と主張。日本の指導者が「正しい歴史認識」を持つよう改めて求めている。

http://www.jiji.com/jc/zc?key=%b2%cf%cc%ee%c3%cc%cf%c3&k=2007030300340

韓国の反応についてはこちらの方があっさりした記述ですね。

・産経新聞
右派新聞はどう報道しているか見てみましょう。
子会社の産経デジタルが「iza!」というニュースブログを運営していまして、こちらに詳しい記事が書かれています。

首相、河野談話の見直し示唆「強制性裏付けなし」
03/02 06:31 
 安倍晋三首相は1日、慰安婦への旧日本軍関与の強制性を認めた平成5年の河野洋平官房長官談話について、「強制性を証明する証言や裏付けるものはなかった。だからその定義については大きく変わったということを前提に考えなければならない」と述べ、談話見直しに着手する考えを示唆した。首相官邸で記者団の質問に答えた。
 首相は昨年10月の衆院予算委員会で、旧日本軍による直接の連行などいわゆる「狭義の強制性」について「いろいろな疑問点があるのではないか」などと答弁し、否定する立場を表明してきた。ただ、「政府の基本的立場として受け継いでいる」とするなど河野談話の見直しには慎重な意向も示していた。
 しかし、米下院が慰安婦問題をめぐる対日非難決議案の採択に向けた動きを示すなど、河野談話が対日キャンペーンの口実に使われていることを憂慮。見直しに着手すべきだとの姿勢を示したものとみられる。
 河野談話をめぐっては、当時官房副長官だった石原信雄氏が「日本政府の指揮命令で強制したことを認めたわけではない」と証言。慰安婦募集の強制性を盛り込むように執拗(しつよう)に働きかけてきた韓国に配慮した結果だったことが明らかになりつつある。
 一方、自民党の有志議員で作る「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」の慰安婦問題小委員会は1日の会合で、中山泰秀小委員長が河野談話の修正を求める提言案と、新たな官房長官談話案を提示した。
 しかし、出席者からは「政府が出した談話は、政府自らが修正しないと意味がない」などと異論が相次いだ。このため、提言を(1)河野談話の修正(2)慰安婦問題の再調査(3)諸外国での河野談話への誤解を解く努力-の3項目を政府に求める内容に一本化することとし、とりまとめを来週に先送りした。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/41472/

「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」についても言及しています。
現状こちらが一番情報量が多いようですね。

・毎日新聞
「毎日インタラクティブ」で記事検索をしてみたのですが、3/1の総理の発言について言及している記事はないようです。

・朝日新聞
「asahi.com」で検索をしてみましたが、サイト内検索では一件しか結果が出ません。
asahi.comページ
home > BOOK
安倍政権の日本 [著]星浩  2006-11-07
.. 北朝鮮の核実験が対北強硬イメージの安倍政権に有利に働いた、 ということもあるだろう。また、戦争責任や従軍慰安婦問題に関して、村山談話、 河野談話を踏襲すると国会で答弁したように、タカ派色を薄めたのも ...

http://book.asahi.com/topics/TKY200611070173.html
河野談話のサイト内検索結果   1 件中 1~1件表示 1 ≫詳細検索

ある意味徹底してますね。(笑)

・ワシントン・ポスト
google翻訳したものをそのまま載せてみます。

日本のAbe: WWIIの性の証拠はあくせく働かない
HIROKO TABUCHI AP通信 木曜日
2007年3月1日; 10:37 pm 東京 -- Yasuji金子、87は、静か彼が第二次世界大戦の日本帝国軍隊の兵士として中国で強姦した無数の女性の叫びを覚えている。 一部は軍営の売春宿の性の奴隷として韓国のサービングからのティーネージャーだった。 他は村の女性東の中国で略奪された彼および彼の僚友だった。 「彼らは叫んだが、女性が住んでいるか、または死んだかどうかそれは私達に重要でなかった」、金子言った東京彼の家でAP通信とのインタビューで。 「私達は皇帝の兵士だった。 かどうか軍の売春宿または村で、私達は不本意なしで強姦した」。 歴史家は30年代および40年代のアジア中の日本の軍の売春宿で役立つ韓国および中国からの約200,000人の女性を_大抵_言う。 多くの犠牲者は言う日本軍によって性の隷属に、そして上の政府のスポークスマンが認めた1993年に悪事を誘拐され、強制されことを。 今日本の政府の一部は謝罪が必要だったかどうか質問している。 木曜日のShinzo Abe総理大臣は謝罪の公式の修正のために押すための女性をだった右翼の政治家による更新された努力を後押しするアジアを渡る軍の売春宿に強制否定した。 「事実ある、強制があったとことを証明するべき証拠がない」、はAbeは言った。 Abeの注目は軍の権限に強力に売春宿ことをのために女性を手に入れる建築業者を使用に於いての直接役割があったことを歴史家が示した言った1992年に発掘された日本文書の証拠を否定した。 十分に戦時の残虐行為の償いをしないことをの訴える東京をコメントが南朝鮮および中国をいら立たせるのは確実だった。 Abeの政府は最近ソウルおよびずっと北京との関係を修理するために働いている。 声明は公正な時間大統領が東京の過去について白状するように勧説によって名誉を与える祝祭日に日本の植民地支配に対して1919年の反乱の記念日に印を付けた韓国廬武鉉の後の来た。 Rohはまた日本をせき立てる決断の米国の衆議院によって先月保持されたヒアリングを「謝り、のために戦争の間に認める」帝国軍隊の性の奴隷の使用を示した。 「国際地域社会は日本の植民地支配の間に託された残虐行為を容赦するとこと懸命に手で全空を覆う日本の試みがそこに方法でなくてもいかに証明」はRoh言ったメッセージを繰り返した。 たくさんの人々はソウルの日本大使館の外で1910-45植民地支配の間に日本人と伝えられるところでは協力した韓国人の名前をリストする彼らの口の紙切れが付いている
地面の死んだのこ仕上げハンマーを並べる記念日に印を付けるために再び集めた。 抗議のオルガナイザーは動物がレストランで屠殺されたことを言った; 犬は韓国の食糧として規則的に消費される。 Rohのオフィスはすぐに日本のリーダーの注目への直接反応を持たなかった遅い木曜日を言った。 北京では、注目の中国の外務省の追求のコメントへの呼出しはすぐに戻らなかった。 国務省のスポークスマンショーンMcCormackはAbeの声明についてコメントしない。 「私は日本の政治体制がそれを取扱うようにすると」彼は言った Abeのコメントは政府の前のスタンスからの逆転だった。 1993年に、河野洋平責任者のキャビネットの秘書は性の隷属の犠牲者に声明が議会によってその前の「慰安婦」によって要求にそれ承認される応じなかったけれども、謝った。 後で2年、政府は犠牲者のための補償金をセットアップしたが、私用寄付の_ない政府のお金に濫用を自認することを避ける_基づき、政府のための方法として批判された。 命令は3月31日切れることである。 性の奴隷の質問は国家主義的な政治家のための原因のcelebreであり、要求する日本の学者は女性専門の売春婦、強制労働に軍隊によって強制されなかった。 Abeが木曜日を話した前に、支配の寛大な民主党の立法者のグループは提案のための彼らの1993年の謝罪の部分に水をまき、直接軍介入を否定するように政府をせき立てるように計画を論議した。 Nariaki Nakayama、約120人の立法者のグループの議長は、カフェテリアを動かすために会社を雇う学校に類似していたそれの発言によって売春宿の政府の介入をするように努めた。 「ある人々は発言によって彼らの自身のスタッフを募集し、食糧を手に入れ、そして価格を設定する民間会社が動かす大学カフェテリアと売春宿を比較することは有用」彼である言った。 「要求があるところで、ビジネスは…収穫するが、言うために女性は印から離れてサービスに日本の軍隊によっている強制されたと」、彼は言った。 「この問題日本の名誉のために真実に基づいて、…再考されなければならない」。は しかし性の奴隷の犠牲者は言う物理的な、心理傷が_まだ戦争にによって_苦しむことを。 リーYong-soo、78、東京への最近の旅行の間にインタビューされた韓国は、日本の兵士が台湾の性の奴隷として1944年に彼女の家からの仕事に彼女を連れて行ったときに彼女が14才だったことを言った。 「日本の政府責任から」は動いてはならない日本の補償のために長く運動をしてしまったリーを言った。 「私によってはそれらが謝ってほしい。 私が女の子だった時、それらが私を連れ去ったことを性の奴隷があるために是認するため。 その歴史を是認するため」。 「私はとても若かった。 私は起こった何が私に」、彼女の言った言うことがわからなかった。 「私の叫びはまだ私の耳でそれから鳴る。 今、私は眠ることができない」。
Burt Herman apの作家はソウル、南朝鮮からのこのレポートに貢献した

http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/03/01/AR2007030100578.html
(※ユーザ登録が必要です)

外国のことだから仕方ないのかもしれませんが事実誤認が多すぎます。
物憂いですが一応列挙を
●軍営の売春宿の・・・
ほとんどは民営です。
●多くの犠牲者は言う日本軍によって性の隷属に・・・
多くの犠牲者は身売りです。
●1992年に発掘された日本文書の証拠を否定した
吉見教授が発見した陸支密局第745号のことかと思われますが、悪質な業者に「そういうことをするな」と指導した文書です。

ごく普通のアメリカの新聞でさえ外国の事を言及するとこうなのか、と思ってしまいます。
日本が囲まれている誤解がいかに根深いか、いかに中韓の情報戦略に負けているかわかりますね。

・朝鮮日報
慰安婦:安倍首相「強制動員の証言・証拠はない」 
 安倍晋三首相は今月1日、旧日本軍の従軍慰安婦について「強制性があったことを証明する証言や、それを裏付ける証拠はなかった」と述べた。
 安倍首相はこの日夜、旧日本軍による従軍慰安婦の強制動員を認めた、1993年の河野洋平官房長官(当時)の談話に対する見解について尋ねた記者の質問に対しこう答え、「そのため、強制性の定義については大きな変化があったことを前提に考えていかなければならない」と語った、と共同通信は伝えた。
 安倍首相のこうした発言は、日本の保守系の国会議員や閣僚らが「河野談話」の見直しを求め、また米国下院で従軍慰安婦問題に関する非難決議案が採択されるのを防ぐため、日本政府がワシントンでロビー活動を行っている中で出てきたものであるだけに、今後議論を呼ぶことが予想される。
 共同通信は、安倍首相の「強制性があったことを証明する証言や証拠がない」という1日の発言について、旧日本軍が直接的に関与したという「狭義の強制性」を裏付ける証拠がない、という意味に解釈しているが、一方で産経新聞は「河野談話の見直し」を示唆したものと解釈している。
 また、AP通信はこの日の発言は、旧日本軍による従軍慰安婦の強制動員を、安倍首相自らはっきりと否定した発言だ、と伝えた。
 安倍首相は昨年10月、衆議院での答弁でも、旧日本軍による直接的な従軍慰安婦の強制動員など「狭義の強制性」については、いくつか疑問点があるのではないか」と否定的な見解を表明したことがある。ただ当時は、中国や韓国などアジア諸国との関係を考慮するかのように、「政府の基本的な立場は継承していく」とし、「河野談話」の見直しには慎重な姿勢を示していた。
辛容寛(シン・ヨングァン)記者

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2007/03/03/20070303000007.html

思っていたほど感情的な記事ではありませんね。

さて、以上抜き出したものから、安部総理が発言したと思われる「 」で区切られた部分を更に抜き出してみましょう。

・時事通信
「当初定義されていた強制性を裏付ける証拠がなかったのは事実だ」
「定義が大きく変わったことを前提に考えなければならない」
・産経
「強制性を証明する証言や裏付けるものはなかった。だからその定義については大きく変わったということを前提に考えなければならない」
・ワシントン・ポスト
「事実ある、強制があったとことを証明するべき証拠がない」
・朝鮮日報
「強制性があったことを証明する証言や、それを裏付ける証拠はなかった」
「そのため、強制性の定義については大きな変化があったことを前提に考えていかなければならない」

発言のビデオ見れば一目瞭然なんでしょうけど
「強制制はなかった」
「強制制はなかったことを前提に考えないといけない」
の二点を発言されてるのは間違いないようです。

それを前提に産経新聞は「河野談話の見直しを示唆した」と書いている訳ですが、「考えないといけない」というのが「見直しをする」という意味かと言えば、どちらにでも取れそうなので正直どうかなと思います。

南京にしろ慰安婦にしろ、実際にはなかったことをさもあったかのように吹聴され、されるがままだったのがこれまでの日本でした。
慰安婦問題で言うと、マイク・ホンダ下院議員の動きは総理も大変憂慮している事でしょう。
安部総理の言う「戦後レジームからの脱却」がここで問われていると思います。
今後河野談話にについて安部総理がどのようなアクションをしていくかを見ていきたいと思いますが、マイク・ホンダ議員の主張内容の唯一の根拠が河野談話である以上考えることは一つです。

http://kamomiya.ddo.jp/index0.html
(メニュー画面から「NEWS LIBRARY→2007年02月25日「報道2001/M・ホンダ議員の慰安婦謝罪と河野談話」をクリック)

安部総理は妥協の産物、河野談話を撤回せよ!

何かを感じたらクリックお願いします→Banner2_7

http://strategy.co.jp/
保守系SNS『国民の総意』

新しい風を求めてNET連合 
Photo_21

http://www.nankinnoshinjitsu.com/
映画「南京の真実」製作に応援を!

|

« 中島中将の日記「捕虜ハセヌ方針ナレバ」(1) | トップページ | 慰安婦関連ニュース 首相、アメリカ、韓国、北朝鮮 »

コメント

「ワシントンポストの北東アジア総局はエイベックスビル内……APは共同の社屋内……NYタイムズ東京死局はアサピーの本社内……大抵のプレスって大手町から汐留の範囲だよな……おろ?」

「まさか,ソースロンダリング!?∑(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル」


と思ったりしたわけですが・・・・・・

斜め読みすると,「(「狭義の」には触れず)強制性を示す証拠無し」→「定義を変える必要あり」→「チョッパリは捏造する気ニダ!<`∀´>」って印象を受けるようにもってくるあたり,ヤラシイですなぁ.

投稿: delphinidae | 2007年3月 4日 (日) 11時00分

ニューヨークタイムズは朝日と近い主張なんだろうから調べもしなかったんでつがワシントンポストがエイベックスビル内ってのはびっくりしもすたなw
わし エイベックスってイエローキャブと同じようなもんかと思ってましたが芸能プロではなかったようでした(粘汗

投稿: 代吉 | 2007年3月 4日 (日) 12時16分

代吉さま
日々のブログ更新、ご苦労様です。
3月7日付 極右評論のエントリーにて貴ブログをご紹介させて頂きました。
事後承諾になりましたこと、ご容赦願います。

草々

投稿: 極右評論管理者 | 2007年3月 8日 (木) 00時20分

おわ!瀬戸先生!
コメント読んでびっくりしました。
こんな地味ブログの内容を紹介してくださりありがとうございます!
極右評論の記事の内容を補完するために自分のブログの記事が役に立つ事があるなどとは思っても見ませんでした!
ブログやっててよかった。。。
瀬戸先生のために、日本のためになることが少しでもできたように感じています。
ありがとうございます!

投稿: 代吉 | 2007年3月 8日 (木) 23時03分

とにかく慰安婦問題については、小林よしのり著「戦争論2」の「総括・従軍慰安婦」を読んでみてほしい。
あらゆる関連本の中で一番良い。
この問題の全容も把握できる。

投稿: a | 2007年3月20日 (火) 14時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中島中将の日記「捕虜ハセヌ方針ナレバ」(1) | トップページ | 慰安婦関連ニュース 首相、アメリカ、韓国、北朝鮮 »