« 吉見義明「従軍慰安婦」分析(16) | トップページ | 吉見義明「従軍慰安婦」分析(17) »

2006年12月16日 (土)

慰安婦関連ニュース 安秉直教授の勇気

Photo_22

http://www.dailyseop.com/section/article_view.aspx?at_id=52265

エキサイト翻訳の訳文を以下に掲載します。
翻訳ゆえの読みづらい部分は筆者が修正しております。
      

安秉直 『慰安婦は自発的だった』 妄言が波紋 

MBC ニューススポット出演 『強制動員証拠はない…土地収奪もなかった』 

2006-12-06 20:23:00     百万石  記者   

最近 「4・19 学生運動, 5・16 革命」 波紋を投げかけた教科書フォーラムの件の余波がまださめやらぬうちに、ニューライト財団理事長の安秉直ソウル大名誉教授が 6日 MBC 「ニューススポット」に出演して『日帝時代の慰安婦強制動員には証拠はないし土地収奪もなかった』と明らかにした。
波紋が予想される。

安教授は、我が国が日本の過去の歴史についての清算を要求していることに関連し, 過去よりこれからの韓日関係をどうすればいいのかが重要だと言って 『過去の人々についても、日々の生活を豊かにしてくれる条件を日帝が提出したとだとすれば、それまで拒否する理由はないと思う』と明らかにした。

『慰安婦営業者半数が朝鮮人, 当時何が故に強制動員したのか』

安教授はこの日インタビューで慰安婦があったということを否定する人はいないと言いながらも 『問題は強制動員だ。 強制動員したという一部慰安婦経験者の証言はあるが韓・日双方に客観的な資料は一つもない』と言って慰安婦動員の 「自発性」に重さを置いた。

記録がないと言って強制性に対する評価を留保することは間違いではないかと言う司会者の質問に安教授は 『軍隊慰安婦や一般慰安婦の生活は悲惨きわまりない。そこから目をそらしてはならない。
韓国にも私娼窟という慰安婦たちが多い。
そんなことを無くすためには、どうしてそんな現象が発生するのかに対して研究しなければならない。
無条件強制によってそんな現象が起きると思うことができない、という信じられない発言をした。

彼は引き続き慰安婦営業者の中で半分が韓国人だと言って 『(当時) 朝鮮人が何の権力で強制に動員したのか』と主張したりした。

安教授は過去、日本軍が強制動員した可能性があるから韓国挺対協とともに調査をしたと明らかにしながら 『3年活動してからやめた理由は、この人々(挺対協)は慰安婦の本質を把握して今日の惨めな慰安婦現象を防止するためではなくて日本とけんかするためにやっていることがわかったからだ』と主張した。

そんな形の反日運動が今日私たちに何の意味があるのかという疑問があって挺対協との活動をやめたということだった。

安教授はまた日帝時代の土地収奪問題と係わって 『大っぴらな土地収奪はないようだ。 当時国有地は李氏朝鮮時代王室の物なのにこれを朝鮮総督府所有とした。 掠奪と言えば掠奪だがそれは掠奪というより李氏朝鮮王室の所有を国家の所有にしたということだ』と、当時朝鮮総督府を国家と同一視する発言をしたりした。

『過去に何の過ちがあるかを根掘り葉掘り詮索してはいけない』

安教授はまた韓日両国が善隣のパートナーになろうとすれば日本の謝罪がなければならないのでは?と言う質問に 『それでは問題解決にならない。これからどんな関係を持てば我々の歴史的課題がうまく行くのかを考えなければならない』と答えた。

日本が過去を歪曲していても、未来のために無理して有効関係を築かねばならないというのは飛躍ではないかと言う司会者の反問に安教授は 『そうではない。 過去の人々が日々の生活を向上させる条件を侵略者がしてくれたとすれば、それまで拒否する理由はないと思う』と答えた。

彼は引き続き 『現在私の生活に何が役に立つのか、現在私たちの貧しい隣りのような状況を無くすために韓日関係をどうしなければならない悩むのが正当な国家を導く責任ある人々の姿勢』と強調して韓国政府を批判したりした。

安教授は 『過去に何が間違ったか、何がよかったのかを根掘り葉掘り詮索しても現実的に全然役に立たない。 まるでノ・ムヒョン政権がする形と同じで逆効果だ』と言って 『私たちが協力すれば国家がうまく立ち行く事ができるのに竹島や靖国や、解決される見込みがないことを言い続けて数年間始終けんかばかりする。 このようなことをするなと言っているのだ』と明らかにした。

私は日韓翻訳チャットで韓国人と話をすることが多いのですが、ほぼ100%の韓国人は歴史について「日本が全て悪かった」というものの言い方をします。
かといってその頃の事実関係を熟知しているわけではなく政府の主張に沿った事を浅い知識で声高に主張しているに過ぎません。
歴史について一個人である私が言うのは僭越なのでしょうが主張したいことはあります。

大東亜戦争は歴史の必然でした。
富める国と貧しい国が地域ごとにくっきりと色分けされてしまった16~19世紀の世界はすなわち弱肉強食の世界でした。
過去エントリーの記事を今読み返してみても、欧米によるアジア・アフリカ世界への収奪は過酷なものだったことが窺われます。
日本がそれに対してアジア、アフリカの解放戦争を行ったとまでは言いません。
日本は日本の理由で米英蘭に宣戦布告しました。
そしてその結果として、世界の地図が大きく塗り変わり、少なくとも表立っては過酷な植民地支配は不可能という時代になりました。
人類が持続可能な発展を継続していけるように、大きな見えざる力が世界にはたらいたのだと思っています。

然るに今の中国、韓国、北朝鮮は全世界的な視野を持たず、政治的利害から日本を非難し続けます。
一般の国民もそれを信じて、日本の永遠の謝罪を要求し続けます。
日本の反体制勢力の中にもそういう主張をする人は根強くいます。
そのような利己的な主張は決して有利には働かないことは現在の韓国のノ・ムヒョン政権が証明してくれていますが、日本はこれにどう対応していけばいいのかを考えていかねばなりません。

決して今までの日本の外交政策を踏襲してはいけないと思っていますが、この安教授のように真実に目覚めてくれる韓国人が増えてくれれば日韓の協力、友好は大変容易になることでしょう。

しかし過去において、やはりソウル大学の李栄薫教授が安教授と同じ発言をした結果、このようになった事例があります。
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2004/09/06/20040906000060.html

韓国の中では例え真摯な研究の成果であっても、日本を擁護する記事を書いてはならないのです。
日本に関して真実を語ってはいけないのが今の韓国社会なのです。

安教授のこれからの安否を気遣うと共に、韓国のこの現状が変わるのはどうしたらよいかを考えるたびに絶望的な気持ちになります。



ブログ連盟「新風連」に参加しています!

新しい風を求めてNET連合 
Photo_21

何かを感じたらクリックお願いします→Banner2_7 

|

« 吉見義明「従軍慰安婦」分析(16) | トップページ | 吉見義明「従軍慰安婦」分析(17) »

コメント

戦争はしてはいけないことだと思います
しかし
あそこで日本が立ち上がらなければ
アジアにおける植民地はどうなっていただろうか
と考えます
それによって世界がどう変わったのか
そこに視点を見据えて
今後の未来をアジアが団結する絵図は
不可能なのでしょうかね、、、

投稿: R☆ | 2006年12月16日 (土) 18時24分

いつも興味深く拝見させて頂いております。
安教授の発言に敬意を表すと共に、この件を紹介して下さった貴殿に感謝を申し上げます。
真実を持たない国・韓国。一体いつまで殻に閉じこもっているのでしょうか。そんな国の元高官が次期国連事務総長。世界の常識の声を浴びて目覚めてくれる事を切に願います。絶望的観測でしょうが。
私は特亜を除く中東から東南アジアまでの東西アジア経済ブロックの構築こそ、日本の取るべき指針では無いかと確信しております。
中共の崩壊ももう秒読みでしょうし。その時こそ我国が上記構想のようにリーダーシップを執るべきです。
その為にも国家の威信を日本人の手で取り戻さなくてはなりません。安教授が決死の覚悟で述べられている事を、信じようともしない左派日本人売国奴を恥じます。
これからの日本政治には、アラブの諺を借りるならば、「優しい鼠より凶暴なライオン(小泉じゃないですよw)」を望みます。

投稿: 水漬く屍 | 2006年12月16日 (土) 20時51分

>R
韓国、北朝鮮の恨のもとは小中華意識から来る嫉妬心だと思うんよね。
二千年積み重ねて民族共有の意識なのでこれをなくせというのは無理だから。。。。
ダンサクが昔言ってたように基本はそっぽ向きながら経済では握手するしかないかなあと基本的に思ってます。
もしかしたら明治政府成立直後に西郷隆盛が「今中韓に呼びかけらないと東亜細亜共同体は作れない」って言ってたのは現状のこの状態を見越しての事なのかもと深読みしたりする。

中国はどうだろう。。。
まだ勉強不足の面も強くてうかつなことは言えないのだけど、常に外部に敵を作って自己の王朝を正当化してきた歴史があるものね。
つまり王朝=共産党、夷敵=日本なんだよね。
そうしないと文革、大躍進、チベット他諸々の大量虐殺を正当化できないのだろうと思うよ。
構造的に日本を敵にしないと政権運営に支障を来すし、列島線の構想に沿った軍備拡充も順調に進行してる今、日本が中共に飲み込まれないためにはどうすればいいのだろう?
自分はここに有効な処置を考えつけない。
安倍総理の答えの一つが防衛庁の省への移行なのだと思う。
そうなった後でも、よく言われる米国への追従は変わらないだろうね。
現実とは言え悲しいことです。
日本がアメリカと関係なく誇り高い、美しい国になるにはどうしたらいいか?
考えれば考えるほど思考が戦前の大東亜構想に近づいてきてるように思ってます。

>屍さん
いらっしゃい!笑
Rさんへのコメントにも絡みますが確かにアメリカ追従ではない形を追求していけば、おっしゃるところの
「特亜を除く中東から東南アジアまでの東西アジア経済ブロックの構築」となるのは自然の理屈だと思います。
同じように思ってくださる極右評論の瀬戸先生や維新政党・新風がもっと台頭してくることこそ明日の誇り高い日本に近づくものと思います。
インドへのODAの拡充など喜ばしいニュースもございますが、中共もインドを初めとするアジア諸国のリーダーシップを取ろうと必死ですので苦難の道がこれからもずっと続くことでしょう。

「優しい鼠より凶暴なライオン」の正確な意味を検索してみましたが見つけられませんでした。
詳しく解説をいただけるとありがたいです。ぜひお願いします。


投稿: 代吉 | 2006年12月17日 (日) 10時39分

中共は「新興ドナー」と必死になっているところに危うさを感じますね。覇権を掴むのになりふり構わないアフリカ資源保有諸国へのODAの投下は、既存の条件付援助と言う慣習を壊し、結果、アフリカの内戦を煽っています。真に身勝手な国、としか言い様がありません。

「優しい鼠より凶暴なライオン」の意味は、いくら国民に優しい君主でも他国に対して弱ければ意味が無く、だったら暴君といえども他国に対し大きな力を持った君主を望む、という意味です。

投稿: 水漬く屍 | 2006年12月17日 (日) 16時57分

中華思想は国際世界の常識とは違う世界ですもんね
全く厄介な隣人です。
人権弾圧も半端じゃないですね。
法輪功の信者の死体が人体解剖模型になってるのをご存じでしたか?

解説ありがとうございます。
小泉じゃないと断っておられましたがやはり小泉さんをイメージしてしまいましたね。笑

今日はちゃんと食事してますか?

投稿: 代吉 | 2006年12月18日 (月) 19時49分

>法輪功の信者の死体が人体解剖模型に
初見です。まったく、中共の中に人間性があるとは思えませんね。流石は皆殺しの歴史しか持たない国です。秦檜の像に今でも唾を吐くとは、同じアジア人として恥ずかしいものです。

小泉は米国に国を売った蔑まれるべき宰相です。内側にはライオンで、米国には鼠、ですね。

お気遣い、ありがとう御座います。先ほど夕飯をおかずだけ食しました。徐々に胃を慣れさせないといけませんので・・・。

投稿: 水漬く屍 | 2006年12月18日 (月) 21時07分

中共は未だに公開処刑もやってる国ですから、国としての実態は中世のままなのだと考えてよさそうです。
このような国でオリンピックをやってもいいのか疑問です。

小泉元首相は親米ポチな所は大変多うございました。
しかし国民軍を持たない我が国として親米になる以外に選択肢は少ないのではないかとも思います。
いつになることかわかりませんが、我が国の総理が新大東亜共栄圏を公然と口に出せるようになった暁にはどんな誇り高い国になっていることでしょう。


投稿: 代吉 | 2006年12月20日 (水) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吉見義明「従軍慰安婦」分析(16) | トップページ | 吉見義明「従軍慰安婦」分析(17) »