« 慰安婦関連ニュース 安秉直教授の勇気 | トップページ | 理解できないヒュンダイ社のCM »

2006年12月20日 (水)

吉見義明「従軍慰安婦」分析(17)

開戦と強姦事件の発生

1941年12月の開戦以降、南方戦線での強姦事件の発生が公文書から窺われます。

富集団において、敵前逃亡112,強姦3、略奪3の事例あり。(中略)
比島方面でも相当強姦(14名)あり、下士官の婦人傷害事例もありたり。

(1942.2.12 陸軍省課長会報より)

法務局長:25軍の独立速射砲第一連隊の現役大尉がクアラルンプールにおいてマレー人の妻女を強姦、その時計5~6個を略奪し、更らにジョホールの第三王女をだまし、写真機を搾取し、強姦、掠奪、詐取の犯罪を犯かせるものあり。

兵務局長:25軍はクアラルンプールに来る迄は兎角の評判ありしも、この事件を契機にして爾后面目を一新せり。

法務局長:比島方面においても強姦多かりしが、厳重なる取締をなしたる結果、犯罪激減せり。

兵務局長:比島は他の地域に比し比較的多かった。
しかし支那事変に比すれば少ないと言える。
(1942.5.2 陸軍省局長会報より)


大山法務局長:南方軍の犯罪件数237件。
大体において支那事変に比し少し。
14軍には強姦多し。
女が日本人向きなるを以ってなり。

(1942.5.9 陸軍省局長会報より)


大山法務局長:南方の犯罪610件。
強姦罪多し。支那よりの転用部隊に多し。
慰安設備不十分、監視監督不十分に起因す。
拘禁所には何処も200名宛収容しあるが、何れも三、四名の法務官が処理しあり。

(1942.8.12 陸軍省局長会報より)

強姦、略奪が一件もない戦争など過去にはありませんでした。
軍紀が厳しいと言われた日本軍も例外ではありません。
上のような事態を受けて、日本軍は現実的な打開策として慰安所を検討し、設置しました。
現地の軍司令官にとっては、上層部が開戦を決行した以上は、少しでも強姦、略奪の少ないやり方を探るのが当然であったことでしょう。
上海派遣軍の岡部、岡村両参謀はそのような考えで慰安所の設置を着想したと思います。
あくまで戦争を是とするのなら、という前提でですが、現地の強姦、略奪を少しでも減らす為に他にどのような選択肢が考えられたのでしょうか?

慰安所制度は日本だけのものではありません。
イギリス軍は北アフリカで慰安所を設置していましたし、ドイツは日本以上の規模で組織的に慰安所を運用していました。
ベトナム戦争時のフランス軍は北アフリカの女性を「移動式慰安所」で売春させていました。
同じくベトナム戦争時の米軍キャンプの中には「レクレーション・センター」と言う名の売春施設がありました。
韓国軍はベトナム戦争時に現地女性を多数強姦し、現在五千人から三万人もの混血児がいると言われています。

慰安所制度を設けなかったソビエト軍は、ベルリン侵攻を目前にした時「ゲルマン女性は諸君の戦利品だ!」と宣伝し、軍がレイプを奨励する始末でした。

強姦を憲兵によって厳しく罰していた日本軍とて、逆に罪が重いことが強姦後の証拠隠滅、すなわち殺人に繋がったという面もあります。

戦争を始めてしまった以上、強姦、略奪は必然の結果として起こってしまうのです。

何度かくり返して申し上げてきたことですが、性を売ってくれる女性に仕事をしてもらうことは、強姦事件減少のために大変効果的だったのです。
旧日本軍が中国で、朝鮮で、東南アジアで混血児を残していますか?
「全員殺したんだから混血児がいないんだ」などと荒唐無稽な主張をする人もいますがそんなのは相手にしちゃいけません。
なぜ混血児がいないか?
慰安婦の皆さんが日本兵のために性の防波堤になってくだすったおかげではないですか!
私たちは元慰安婦の人達にお金を与えることをよしとしません。
声高に名誉回復を訴えることもよしとしません。
日本政府に謝罪させることもよしとしません。
ただ静かに感謝をしたいと思っています。


維新政党・新風に投票お願いします!
http://strategy.co.jp/


何かを感じたらクリックお願いします→Banner2_7
 

|

« 慰安婦関連ニュース 安秉直教授の勇気 | トップページ | 理解できないヒュンダイ社のCM »

コメント

http://www.youtube.com/watch?v=kegrnYyMPRY

メモです。
既出ですけど貼っておきます。

投稿: 椎名ヤスラ | 2007年1月24日 (水) 23時54分

見ましたぞ 笑
たかじんさんの番組、いっときtoutubeで削除されてたんですがまた復活してたんですね。
秦さんがしゃべってる映像は初めてみました。
ヤスラさん感謝です!

投稿: 代吉 | 2007年1月25日 (木) 00時14分

こんにちは。突然の書き込み失礼いたします。
季節柄『ゴーマニズム宣言 戦争論』(小林よしのり)→『もっと知りたい「慰安婦」問題 性と民族の視点から』(金富子・梁澄子ほか)へと読み進み、その過程でいくつかの疑問を持つに至り、「吉見義明 防衛庁防衛研究所」で検索した結果、貴サイトに辿り着いた日本人です。
慰安婦問題に対する自分なりの結論を得ようと試みておりますが、吉見教授に関する17件の記事は大変参考になりました。
ありがとうございました。ネットって便利ですね。

投稿: 通りすがり | 2008年8月15日 (金) 01時02分

(追記)
度々すみません。
貴サイトの慰安婦問題に関する記事をすべて読んだわけではありませんのでどこかに記載があるやもしれませんが、もしお時間がございましたら慰安婦問題に関する肯定派と否定派の代表的文献をご教示いただけないでしょうか?不躾なお願いですが、よろしくお願いいたします。またお邪魔します。(本当にお時間が許すときで結構です。)

投稿: 通りすがり | 2008年8月15日 (金) 02時27分

コメントありがとうございます。
肯定派:
吉見義明「従軍慰安婦」岩波新書
吉見義明編「従軍慰安婦資料集」大月書店
否定派
秦郁彦「慰安婦と戦場の性」新潮選書

書店が近くにない場合、アジア女性基金のサイト読むだけでもかなり勉強になりますよ!

投稿: | 2008年8月17日 (日) 22時34分

ご回答ありがとうございました。
原書にあたってみたいと思います。

投稿: 通りすがり | 2008年8月19日 (火) 01時00分

吉見さんの岩波新書だったりしたらamazonで一円だったりしますから懐にも安心です。(笑

南京に比べると慰安婦問題は割合簡単なのですが、現代の人権意識がいろいろ妙な作用を起こしている問題ですね。
思いますのが「人権侵害!」とか言ってる勢力ってろくなもんじゃないなあって事です。

投稿: daikichi | 2008年8月19日 (火) 07時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 慰安婦関連ニュース 安秉直教授の勇気 | トップページ | 理解できないヒュンダイ社のCM »