« 新風連に参加しました | トップページ | 吉見義明「従軍慰安婦」分析(9) »

2006年11月19日 (日)

吉見義明「従軍慰安婦」分析(8)

さて上海で初めて設置された慰安所、他の地域はどうだったのでしょうか。
吉見教授は、中国東北部での初の設置を1933年4月とされています。

平泉(ピンチュワン)に駐留する混成第14旅団のために設置された「防疫・衛生施設」がそれである。
朝鮮人芸妓・酌婦35名、日本人芸妓・酌婦3名であり、陸軍軍医が性病検査を担当している。


その後、慰安所設立の必要性をこう述べておられます。


軍は「軍務防疫上の必要」、つまり将兵に性病が広まらないようにするため、性病予防に関して神経を尖らせていた。
新しく導入した朝鮮人慰安婦の一部に性病感染者がいたことから旅団司令部は、兵士に対して、慰安婦の健康診断票を確認すること、サックと性病予防軟膏「星秘膏」を使用すること、慰安所から帰ったときに性器を消毒水で洗うことを厳しく注意している。
また、担当区域の「芸娼妓酌婦健康診断実施要領」をつくり、一般の遊郭をふくむ芸娼妓酌婦の性病検査を毎週一回以上実施するとした。


軍がかなり積極的に衛生管理をしようとしていたことが伺われます。

吉見教授は、清水局長の失言を挙げて、
「これが軍関与の証拠である。これも軍が関与している。」
のように論を進めていらっしゃるのですが、自分にはどれもこれも、軍が慰安所を礼儀正しく取り扱っていた証拠として読めます。
業者に重搾取されないように配慮して、業者が自主的にやるべき雇用者の健康診断も軍医を動員して行って、そこまでやる事で現地女性に強姦被害が出ないように配慮したのです。

性病予防も重要な目的の一つでしたが、これはなかなか苦労しておられます。

慰安所がかえって性病蔓延の温床となった、と言う方もいらっしゃいますが、来歴の様々なたくさんの慰安婦を無菌状態にしてから慰安所に来て貰うことは無理があったでしょうし、また、ここまでやっても強姦事件はゼロにはならなかったのですから、兵士達からの病気の持ち込みもあったことでしょう。

巷には色んな理由をつけて、軍が慰安所を置いたこと自体を批判する日本人がいます。
そういう方々に私が問いたいのは、じゃあ貴方はどうすればよかったと思うのか?ということです。
その方達がよく言う代案としては
・定期的に内地に帰還させるようにするシステムを作る。
・妻子を戦地に同行させてもいいようなシステムを作る。
などの事を仰います。

最初の案については、現在米国などがそれを行っていますが、では米軍基地付近で強姦事件はゼロですか?
ゼロではなくて減ったと仰るのなら、日本軍が慰安所を設置したことによる強姦の減少も認めねばなりませんよ。
そして任務中でも、例えばオーストラリア駐留の米兵は休暇中にそういう娼婦のいる場所へ行列を作りますがこれはいいのですか?
民営だからいいのですか?オーストラリアの国営だったら許せないのですか?

そもそも完全に民営だったら性病管理をどうするのですか?当時の医学レベルじゃ、業者任せにしていては恐ろしい勢いで性病は広まることでしょう。

後の案はどうでしょうね。危険な戦地に家族で移動するなどは近代的な軍ではされたことがないように思います。それをやっている国があれば教えてほしいくらいです。

現実をわかって、人間のどうしようもない部分もわかって、それでも戦争を遂行せねばならない責任の上に立ったこの慰安所についての施策を私は全肯定します。

吉見教授が中山忠直さんという医者のお言葉を紹介されています。
吉見教授はこれを、慰安婦が従軍していたという証拠として紹介したいようですが、私にはこれは、体を売って軍人さん達を守ってくれた慰安婦達への賛歌に感じられます。

満州に来て、ことに承徳に来て、しみじみと娘子軍は実は文字の遊戯ではなく、実際に軍隊の一部であり、事実上の「軍」であることがわかった。
錦州の司令官から「女は必需品だから飛行機に乗せるが」と云われた言葉を真に知ったのである。
日本軍が進軍すると、幹部が第一に心配する事は、娘子軍の輸入である。
日本軍が支那婦人を冒さぬのは、娘子軍あればこそで、彼らは決して単なる淫売ではない!


何かを感じたらクリックお願いします→Banner2_7

|

« 新風連に参加しました | トップページ | 吉見義明「従軍慰安婦」分析(9) »

コメント

何かを感じたらクリックお願いします→ ( ここです )
GooのRSSリーダーでは上記矢印の右に何も表示されていません。私のPCのファイアウオールが有害クッキーとして表示しないようです。私以外にも大勢の方がクリックしたくても出来ないと思います。改善方法は「何かを感じたらクリックお願いします」のTEXT部分にもリンクを張ることです。早急に改善をお願いします。新風連で頑張ってください。

投稿: aichan | 2006年11月19日 (日) 10時03分

ご指摘ありがとうございます。
早速修正しました。
新風連の協賛ブログの方ですか?

投稿: daikichi | 2006年11月19日 (日) 10時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151026/4238620

この記事へのトラックバック一覧です: 吉見義明「従軍慰安婦」分析(8):

» アジア女性募金ってそういう募金なんだ。ふーん。 [のんだくれてすまん。]
アジア女性基金 募金、目標額に届かず[Sankei Web] アジア女性基金って「元慰安婦」への募金なんですね。 ふーん、そうなんだ。 「元慰安婦」についての問題もいろいろありますし、俺も意見を持っているけど、それをここで言うのはまた今度にします。 ただ、「元慰安婦」の問題で疑いの目を持って、募金したくないと思っている人も世の中にはたくさんいるでしょう? 問題は「女性のためのアジア平和国民基金」という名前が「元慰安婦」のことと結びつくかどうかという点だよ。 俺はこういう名... [続きを読む]

受信: 2006年11月20日 (月) 15時25分

« 新風連に参加しました | トップページ | 吉見義明「従軍慰安婦」分析(9) »