« 吉見義明「従軍慰安婦」分析(2) | トップページ | 吉見義明「従軍慰安婦」分析(3) »

2006年10月 8日 (日)

慰安婦関連ニュース

今日も二回更新します。慰安婦関連の現在の記事を二件紹介します。

村山・河野談話、個人としても受け入れ 安倍首相答弁

安倍首相は5日の衆院予算委員会で、アジア諸国への「植民地支配と侵略」を認め、謝罪した村山首相談話について「国として示した通りであると、私は考えている」と述べた。従軍慰安婦問題で軍当局の関与と「強制性」を認めた河野官房長官談話に関しても「私を含め政府として受け継いでいる」と答弁。首相はこれまで両談話について「政府の立場」を説明してきただけだったが、個人としても受け入れる考えを初めて示した。

http://www.asahi.com/politics/update/1005/013.html

民主党の管代表代行の質問に答えたものですが、野党にとって歴史認識はいい攻撃ネタであったようです。
慰安婦問題、東京裁判問題、どちらを質問しても便利です。
もし「過去の政権の言ったことは正しい」と言えば、強気の外交を期待している支持層を崩せるかもしれませんし、
「過去は過去、私の認識は違う」と言えば中国や韓国も反発せざるを得ませんし、関係改善を望む世論にも背くことになります。
難しい所ですが上手に乗り切ってほしいものです。


さてもう一件です。
米議会の慰安婦決議案、採択見送りへ 日本側の説得で

中間選挙(来月7日)前の審議が9月末に実質的に終了したことで、米下院国際関係委員会を通過していた慰安婦問題に関する対日非難決議案は、本会議では議案にならないまま、採択されない見通しが強まっている。米議会関係者に対する日本側の説得が功を奏した格好だ。

http://www.sankei.co.jp/news/061001/kok006.htm

以前のエントリーでも紹介したこのアメリカ下院での動き、採択されない見通しです。
やれやれといった感じですが、本当にうんざりさせられるのはこのニュースです。



連邦下院「慰安婦決議案」 自動廃棄憂慮

アメリカの連邦下院国際関係委員会が9月13日に満場一致で通過させた、第二次大戦当時の日本の従軍慰安婦動員に関する決議案(下院決議案759)の本会議処理が難しい見込みだ。
決議案の本会議通過運動を展開している韓米連合会(KAC)などの主要団体は、連邦下院が先月30日から11月7日の中間選挙まで臨時休会に入っているうえ、選挙後の残り会期があるとはいえ既にレイムダック会期なので議員らの関心を呼ぶのは難しいという点を憂慮している。
このため各団体は、デニス・ハスタート下院議長とジョン・ボーナー共和党院内総務の事務所あてに、本会議上程と通過を要求するファックスを送る運動に総力を傾ける方針だ。

KACのチャールズ・キム全国会会長は、「現時点では通過可否は五分五分だ」としたうえで、「既に該当の議員の事務所には約2万通のファックスを送ったが、終盤の決議案通過を成功させるべく可能なすべての方法を動員する計画だ」と語った。

http://www.koreatimes.com/article/articleview.asp?id=341023 (韓国語)
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=pmilitary&nid=32490

百歩譲って気持ちがわかるにしても2万通のファックスというのは何事でしょうか?
こういうことが起こると決まって韓国側は「日本のロビー活動に阻まれた」というような発言をするのですが、ロビー活動は悪くて公衆道徳をわきまえない2万通のファックスはいいのでしょうか?

この国は、ゴリ押ししたいことがあると今まで以下のような手段に訴えてきた事を我々は事実として知らねばなりません。



500万名署名すれば再競技?確認携帯電話文字に FIFA ホームページダウン

韓国ワールドカップ代表チームが釈然としない審判判定でスイスとの競技で敗れた 24日人々の間には出処が不確かな文字メッセージが急速に拡散している。
国際サッカー連盟(FIFA) 公式ホームページ(
www.fifa.com)で 24時間の内に 500万名以上が署名すれば再競技をするという公知を浮かべたということ。
あれほど代表チームの 16強脱落が惜しかったのだろう。 文字を受けた人々はまさかまさかしながらももしやする心にこの文字を近い知人たちに回している。
また実際にこのような告知事項があるのか可否を確認するためのネチズンたちの接続が急増して FIFA 公式ホームページは数時間目マヒ状態だ。
ここに私たちサッカー協会ホームページ(
www.kfa.or.kr)に審判判定に対する抗議を 24時間の内にすれば再競技をするようになるという文字メッセージさえ回っている。 この文字メッセージは
「審判判定に異意があれば 24時間以内にしなければならないのが FIFA 規定です. 回してください」となっている。

http://news.naver.com/news/read.php?mode=LSD&office_id=143&article_id=0000031034&section_id=105&menu_id=105?is_status=http%3A%2F%2Fnews.naver.com%2Fnews%2Fread.php%3Fmode%3DLSD%26office_id%3D143%26article_id%3D0000031034%26section_id%3D105%26menu_id%3D105(韓国語)

W杯は確かに世界的なイベントですが、勝敗に不満があったと言っても騒ぐ手段が常軌を逸しています。
これがごく一部の心ない人達の行動と感じる人もいるかもしれませんが、韓国には国の支援を受けて以下のような行動を取る団体があることも知らねばなりません。
このような土壌があってこその米国での行動であり、このような土壌があってこそのW杯での狂乱があっていることを知らねばなりません。

VANK、全世界の教科書是正運動に着手 

 1万2000人のネチズンからなるサイバー民間外交使節団「
VANK」は27日、3・1節(韓国の独立運動記念日)を迎え、全世界の教科書出版社と学校の図書館を対象にする「韓国誤びゅう是正運動」に着手すると明らかにした。
 VANKは、「全世界の学生の韓国に対する認識を形成させる外国の教科書に、東海(トンへ)を日本海に、また韓国を中国や日本の属国で貧しい農耕国家に記述している」とし「こうした教科書の間違いを指摘し、韓国を正確に理解するために必要な資料を伝え、大々的な改善を求める計画」とした。
 これにより、VANKは、独自構築した「オンライン教科書誤びょう是正網」を通じて米州、欧州、アジア地域の約300の教科書出版社を解消に、教科書の改善を要求する電子メールを送る一方、教科書内の「日本海」表記に対する抗議のメール送信、東海と表記された
英文の世界地図の普及、21世紀大韓民国の模様を収めたeカード送信運動を取り組む。
 VANKの企画団長を務めている朴ギテ(29)さんは、「韓国に対する外国教科書の記述に間違いがあるという指摘がなされて久しいが、いつも問題提起で終わってしまった」とし「ネチズンの力を借りて全世界の教科書記述の間違いを全部正したい」と抱負を語った。

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2003/02/27/20030227000026.html

この、VANKという組織ですが、wikipediaの解説によると
「韓国のサイバーテロ団体であり、反日団体であるVoluntary Agency Network Korean(VANK) 」となっています。
世界中の情報に目を光らせて韓国に都合の悪い記述などを発見すると集団の力でメール攻撃やスクリプト攻撃をしたりして抗議をする、というのが主なイメージとなっています。
今回の米下院の慰安婦関連議案にこのVANKはどのくらい関わっているのか現時点でわかりません。
今までこの団体のやってきた有名な成果として、日本海呼称問題でのものがあります。
「日本海」という名称が日本帝国主義の残滓だと主張するVANKは、グーグルアース、米ライコス社にサイバーテロ攻撃をしかけ、日本海と並列して「東海」という名称を記載させることに成功しています。

http://konn.seesaa.net/article/6820850.html
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4076/seaofjapan.html

このような正気を疑うような抗議行動に付き合うのは日本人の感性では物憂く感じられるかと思います。
しかし実際に成果を挙げていて、なおかつこの組織の行動は韓国の国ぐるみのものであることを考えると、同じレベルに立つことを厭わず、声高に主張を返していかないといけません。

私たちはVANKのような抗議行動を取ることは潔しとしません。
とにかく日本人のやり方で、「真実はこうなのです」と世界に情報を発信せねばなりません。
そのためには日本人一人一人が、正確な情報に目覚めないと始まらないのです。
記事の元がハングル語であったりすることからもおわかりのように、日本の新聞はこういうことを伝えたがりません。
新聞とテレビしかない時代には知らないままでいなければならなかった情報について現在我々は、インターネットを通じて知ることができるわけです。

世界の諸々の事象を全て生存競争で見られるとするのならば、相手の事を知り尽くしている人間と、相手の事を何も知らない人間とで競争すれば、知っている人間の方が勝つのです。
我々は知らねばなりません。近くの国の本当の姿を知らねばなりません。

何かを感じたらクリックお願いします→Banner2_7

|

« 吉見義明「従軍慰安婦」分析(2) | トップページ | 吉見義明「従軍慰安婦」分析(3) »

コメント

http://eogli.com porno portal

投稿: eoglic | 2007年9月30日 (日) 14時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151026/3734137

この記事へのトラックバック一覧です: 慰安婦関連ニュース:

« 吉見義明「従軍慰安婦」分析(2) | トップページ | 吉見義明「従軍慰安婦」分析(3) »