« 廬溝橋事件(4) | トップページ | 従軍慰安婦、肯定派の論理(1) »

2006年9月19日 (火)

通州事件

Photo_13
http://www.hct.zaq.ne.jp/cpabp700/jibun/hajime.htmlより)

廬溝橋事件の後の小さな事件として取り上げらようと思っていたのですが、当時の日本国民に与えた衝撃度を推測するに、これは独立したテーマとして扱った方がよいと考えました。

当時通州(北京の東12kmの町)には、関東軍が作った「冀東防共自治政府」という政権がありました。
満州に続いて中国北部を領有することを目論んだ関東軍の策謀の結果できた親日政権でした。
安全かと思われていたその町には日本人の居留民が約400人住んでいました。
1937年7月29日、日本軍の主力が不在の時に、自治政府の保安隊の中国人部隊3000人は突然日本人居留民を襲撃、虐殺しました。
簡単なあらましはこちらをご覧下さい。

http://www.senyu-ren.jp/MAGO/12.HTM

参照したURLでだいたいのことはわかっていただけると思いますが、現地の惨状はひどいものだったようです。
桜井文雄元少佐は、7月30日に通州で見た光景をこう証言しています。

「先ず守備隊の東門を出ますと、殆ど数間間隔に居留民男女の惨殺死体が横はつて居るのを目撃し、一同悲憤の極に達しました。敵兵は見当りませんでしたので、夜半迄、専ら生存者の収容に擔りました。「日本人は居ないか」と連呼し乍ら、各戸毎に調査して参りますと、鼻部に牛の如く針金を通された子供や、片腕を切られた老婆、腹部を銃剣で刺された妊婦等が、彼所此所の塵、埃箱の中や、壕の内、塀の蔭等から、続々這ひ出して来ました。

某飲食店内には一家悉く皆首と両手を切断されて居るのを目撃しました。婦人といふ婦人は十四五歳以上は悉く強姦されて居りまして、見るに忍びませんでした。

旭軒と云ふ飲食店に入りますと、そこに居りました七八名の女は全部裸体にされ、強姦射(刺)殺されて居りまして、陰部に箒を押込んである者、口中に土砂を填めてあるもの、腹部を縦に断ち割つてあるもの等、全く見るに堪へませんでした。

東門の近くの鮮人商店の付近に池がありましたが、その池には首を縄で縛り両手を併せて、それに八番鉄線を通し(貫通)一家六名数珠繋ぎにして引廻された形跡、歴然たる死体がありました。池の水は血で赤く染つて居たのを目撃しました。」

現地の保安隊をして虐殺に走らせたのは、「日本軍敗走」というラジオのデマ放送が原因であるとも、共産党の謀略であるとも、日本軍の飛行機の爆撃が原因であるとも、事前に国民党と打ち合わせた予定の行動であったとも言われています。

当時の新聞はこの事件を
「比類なき鬼畜行動、恨みは深し!」
「世紀の残虐、あ々呪いの通州」
などという報道をしましたので、日本人の対中国感情は急速に悪化し、後の上海事件を契機とする泥沼の日中戦争の下地となりました。

そしてこの事件は東京裁判でも証拠として提出する事を禁じられました。
この事件が裁判の中に現れると、中国の戦争犯罪も裁かなくてはならないからです。

そして、この事件は現在では日本の教科書等には全く載っていませんが、中国の国内では、「輝かしい抗日闘争の成果」として取り上げられています。

主に関東軍の行動を見ていきますと、日本にも明らかに侵略と呼ばれる行動は存在していたと思います。
大したレベルではないと断言できますが日本軍も略奪や虐殺をしていたことでしょう。
しかしそれは交戦国どの国もやっていたことです。
むしろ、通州事件や尼港事件などをやった中国と比べると日本軍のやった行為など大したものではありませんし、東京大空襲や原爆を落としたアメリカと比べても全くレベルが違います。
戦争を、人間の全ての悪の要素が陳列される悪事のデパートだとすれば、日本は、アメリカ中国には敵わない小規模なデパートであったと考えています。
残虐行為を行った過去の日本軍を正当化するという事ではなく、どちらも五十歩百歩だったと言いたいのです。

何かを感じたらクリックお願いします→Banner2_7

|

« 廬溝橋事件(4) | トップページ | 従軍慰安婦、肯定派の論理(1) »

コメント

Don't have money to buy some real estate? Do not worry, just because this is available to receive the loan to work out all the problems. Hence take a college loan to buy all you require.

投稿: HillaryGilmore24 | 2012年1月13日 (金) 18時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151026/3506259

この記事へのトラックバック一覧です: 通州事件:

« 廬溝橋事件(4) | トップページ | 従軍慰安婦、肯定派の論理(1) »