トップページ | 日韓併合(2) »

2006年9月 2日 (土)

日韓併合(1)

「日本は朝鮮半島に残虐な植民地支配をしたんだ」
と思ってる方多いんじゃないでしょうか?
私も以前はそう思っていました。

よくやり玉に挙がってるのは
・強制連行(徴兵)
・創氏改名
・従軍慰安婦

あたりが多いようです。
ひとつひとつ私が集めた証拠を挙げていきましょう。
今日は強制連行について

当時朝鮮に住んでいた人達は
「日本軍の命令によって生活基盤のある住み慣れた朝鮮を離れて無理矢理日本に連行され、鉱山などの辛い労働に従事させられた」
と思っている人、いませんか?
結論を先に言ってしまうと
「ほとんどの人は自主的に日本に来て、終戦後も自主的に残っている」
のです。

国家総動員法による強制徴用が始まったのは日本国内では1939年です。
その時、朝鮮半島ではまだ徴用は始まっていませんでした。
朝鮮においてそれが実行されるのは終戦の一年前である1944年11月です。
ここで
「何かおかしいな?」
と思いませんか?

何かを感じたらクリックお願いします→人気blogランキングへ

|

トップページ | 日韓併合(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151026/3291638

この記事へのトラックバック一覧です: 日韓併合(1):

トップページ | 日韓併合(2) »